吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

とろっとした「クリームシチュー」を 1人用土鍋でおいしく料理できました!

2016.02.13

1450 Views

1人用の土鍋で「カレー」「肉じゃが」「豚バラと白菜の重ね鍋」「豆乳鍋」「豚にらもやし」「さば大根」を料理したところまでは紹介しました。

2016-01-31 18.38.20 2016-02-03 20.23.55 2016-02-07 19.03.11 2016-02-08 12.14.08 2016-02-08 18.57.26 2016-02-10 20.37.38

男のええ加減料理』一冊でこれだけ作れば十分でしょう。

スポンサーリンク

「カレー」ができれば「シチュー」も?

今回は「豆乳鍋」で残った「鶏肉」を活かして「シチュー」に挑戦!『男のええ加減料理』で見る限り、市販のルウをシチューにして肉を変えただけかも。

シチューらしい(p.54)

 

とりあえず、本と同じ「ハウス北海道シチュー(218円)」を使いました。

2016-02-12 12.51.55

 

最終的には、カレーもシチューも「ルウ」に頼らず作ってみたいです。

放送では「ルウ」ではなく「ルー」と書くことになっているそうです。

土鍋で炒めるのにも慣れました

とりあえず材料はこれだけ。

2016-02-12 12.51.55

 

適当に切って

2016-02-12 13.04.56

 

サラダ油で玉ねぎを炒めて

2016-02-12 13.06.10

 

鶏肉も合わせて炒めて

2016-02-12 13.08.48

 

さらにニンジンも加えて炒めて

2016-02-12 13.10.23

 

水(250ml)を加えたらフタをして沸騰するまで煮込みます。

2016-02-12 13.11.47

少しだけアレンジしてみました

沸騰してきたのでフタをとるとすでにおいしそうです。

2016-02-12 13.17.22

 

中火にしてしばらく「あく」を取ったら火を止めてルウを投入。

2016-02-12 13.19.34

なぜ「いったん火を止める」必要があるのでしょうね?

 

検索したらありました。

A.お鍋の中の温度を下げ、ルウを溶けやすくするためです。

高温で煮えている鍋にルウを加えると、ルウに含まれる小麦粉が膜を作り、溶けにくくなります。
火を止めると鍋の中の温度はすぐに90℃くらいまで下がり、ダマになる心配もなくなります。

なるほど。

 

ここで「じゃがいも」の追加だけではカレーのときとほぼ同じなので「なめたけ」も加えてみました。

2016-02-12 13.21.49

 

煮込むとかなりトロトロなので、牛乳も少し(50ml)加えてみました。

2016-02-12 13.27.14

 

それっぽくできました。

2016-02-12 13.36.51

シチューのルウは減らしてもいいかも

いつものようにご飯とみそ汁を付けてできあがり。

2016-02-12 13.41.01

 

鶏肉も野菜も、見事にシチューと絡んでうまいです。

2016-02-12 13.41.15

 

適当に加えた「なめたけ」も少し違った食感で楽しめます。

2016-02-12 13.41.36

 

正直、ちょっとシチューのルウは多かったかもしれません。箱を見ると「10皿分(5皿分x2)」となっているので、今回は 2.5 皿分を使ったことになります。

であれば、もう少し減らして、逆に牛乳を増やすぐらいでいいかもしれません。

2016-02-13 06.52.24

このあたりは「好み」の問題でしょう。

 

「なめたけ」もいけたので、いろいろ料理して材料が残っても、最後はカレーかシチューで煮込んでしまえば OK かもしれません。

なにはともあれ、おいしかったです。ごちそうさまでした。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場