自家焙煎コーヒー、デジタル機器など、何事も体験すると面白い!

「ゲーミングローデスク」と「HUANUO モニターアーム」でリビングでも快適なパソコン環境を構築

2020.10.01

398 Views

リビング用にゲーミングチェア座椅子「GALAXHERO MF0040B-2」を購入して快適に過ごしています。

スポンサーリンク

快適にパソコンが使えそうなローデスクを発見

さらに今回、自作パソコンのアップグレードで余ったパーツを活用して「サブマシン」を作ったのでリビングで使おうと思っています。

するとゲーミングチェア座椅子にもピッタリなゲーミングローデスクを発見!高さが 50~70cmで調整できるのがいいですね。

ポイントも余っているので「タンスのゲン 楽天店」で買うことにしました。

構造がしっかりしていそうだし「スライド式キーボードラック」もいい感じ。

ガススプリング式なのに安価なモニターアーム

使い勝手のいいモニターアームといえば「エルゴトロン」が有名で、どうしても 1万円を超えるイメージでした。

ところが、しばらく調べないうちに、ずいぶん安価な製品も出回り始めたようです。

まあ、安くても快適に動かせないと意味がないのですが 30% OFF クーポンを適用してなんと 3,429円なので、試しに買ってみることにしました。

見たところよさそうだし、レビューもまずまずなので期待してみましょう。

「こたつ机」とローデスクを置き換えてみた

リビングで使っている「こたつ机」は天板を載せているだけで簡単にずれるので、ここにモニターアームはとてもつけられません。

 

そこでローデスクを組み立てて置き換えてみることにしました。結構、重くてしっかりしています。

 

まずは全部広げるとこんな感じ。ひとりでも組み立てできそう。

 

座椅子に座って少しひざを立てた状態を確認しながら高さを決めました。

 

こんな感じかな?とりあえずピッタリだけど、これにモニターアームを取り付け、しかも食事もするというのは厳しいかも。

モニターアームはガス圧を調整すれば大丈夫

モニターアームは最初、ガス圧の調整で少し戸惑いましたが、結構いい具合にできました。

 

安物とは思えないくらい、自由自在に動きます。

 

 

ちなみにモニターは以前、購入したタッチ操作のできる 21.5型です。

仕事部屋ではタッチ操作が生かせなかったので、再チャレンジです。

やはり「こたつ机」は残してローデスクと併用

結局、食事をするときに「こたつ机」は必要と判断して、ローデスクはサイドに置くことにしました。

 

テレビを見ながら調べもの、というも問題なくできそうです。

これで朝から晩まで「なにしろパソコン」生活になりそうです。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

スポンサーリンク