自家焙煎コーヒー、デジタル機器など、何事も体験すると面白い!

PCIe 4.0 M.2 の高速 SSD「CFD CSSD-M2B5GPG3VND 500GB」での Windows 10 の起動はいかに!

2020.09.26

303 Views

今回、自作PC のグレードアップで最大の目玉となるのが PCIe 4.0 M.2 の高速 SSD 「CFD CSSD-M2B5GPG3VND (500GB)」の導入です。

丸ごとコピーかクリーンインストールか

それでも最初はこれまで使っていた SSD「Samsung SSD 500GB 860EVO」で組み立てたパソコンが起動するかを確認したわけです。

そこで選択肢としては

  • 「Samsung SSD」のデータを 「CFD SSD」に丸ごとコピー
  • 「CFD SSD」に Windows 10 をクリーンインストール

の二択になりますが、

  • 「Samsung SSD」で起動したとき「Windows のライセンス認証」ができなかった
  • 古いマザーボードでサブマシンを作るので、どのみちライセンスの追加購入が必要
  • 何度も Windows の更新を繰り返し、使い込んできたデータなのできれいにしたい

という理由で、新たに Windows 10 を購入して 「CFD SSD」にクリーンインストールすることに決めました。

購入したのは Windows 10 Home DSP版 。自宅で使う分に Pro 必要ないでしょう。

ドスパラが LINE キャンペーンで 1,000円引きとなって税込 12,940円。

インストールは最新版をダウンロードして USB で

購入した DVD で Windows 10 をインストールすると、かなり前のバージョンになりかねないので、公式サイトからその時点での最新版をダウンロードしました。

8GB の USB で十分でした。

 

これを起動メディアに指定して「CFD SSD」にインストールしたわけです。

 

購入したパッケージに貼られたシールを削ると「プロダクトキー」が現れます。

 

これで「Windows のライセンス認証」画面に入力してセットアップ。

 

「Windows のインストール場所」として「CFD SSD」と思われる領域を選択します。

 

SSD が高速なためか、インストールは数分で終了。

しまった!インストール直後で使用容量を記録しておけばよかったですね。ちなみに CrystalDiskMark で最初に計測したときの数字は 13% で 60GB でした。

 PCIe 4.0 M.2 の高速 SSD の実力は?

インストール後に「CFD SSD」で Windows 10 を起動して、確かに体感的にも速いことを実感できました。どこまでの段階を起動というのかわかりませんが、デスクトップ画面の表示までなら数秒です。

まあ、クリーンインストールしたばかりで余分なファイルはないし、ほかのアプリなどがあまりインストールされていないためでもありますけど。

 

数値としてまずは「Windows エクスペリエンス インデックス」をチェック。

「プライマリーハードディスク」の値が 9.4 になっています。

ちなみに「Samsung SSD」で起動したときの数字は 8.1 でした。

かなり改善したということでしょう。

 

そしてお約束の「CrystalDiskMark」による「CFD SSD」の結果がこちら。桁違いですね。

 

ちなみにこちらが「Samsung SSD」。

 

おまけでバックアップ用の HDD。

ハードディスクで Windows を起動するなんて、二度とやりたくないですね。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

スポンサーリンク