自家焙煎コーヒー、デジタル機器など、何事も体験すると面白い!

炭酸水メーカー「ソーダストリーム SOURCE v3」で空きペットボトルを削減

2022.10.14

340 Views

気に入った「サクラ印 飲む!はちみつ&黒酢」を美味しく飲むために「炭酸水メーカー(ソーダストリーム SOURCE v3)」を購入しました。

スポンサーリンク

炭酸水の空きペットボトルがもったいない

すでに書いたように「サクラ印 飲む!はちみつ&黒酢」が気に入りました。

さらに炭酸水で割ると美味しいので炭酸水も買うようになりました。

 

ノンアルコールなのに梅酒サワーを飲んでいる感じで最高です。

 

1本約 85円 で買う以上に、空きのペットボトルが出るほうが気になります。

それに継続するなら毎度、買うのも面倒だし、値段的にもばかになりません。

「ソーダストリーム」の炭酸水メーカーを選択

そこで炭酸水を作る装置をネット検索で探したところ「ソーダストリーム」と「ドリンクメイト」というメーカーが有名みたい。

特に「ソーダストリーム」は以前に CM を見た記憶があります。

アマゾンで検索すると、思ったよりもいろいろあるのですね。

その中で「手動最上位モデルのアウトレット販売」というのに魅かれて、以下の商品を買うことにしました。

この機種には「ガスシリンダー」が一本付いていて、500ml ボトル約120本分とのこと。

「スターターキット」を 15,400円で買ったら、120で割って 1本128円となります。それでも

いつでも炭酸水が作れて、空きペットボトルを捨てなくてもよい

となれば初期投資としては悪くないとしました。続くようなら「ガスシリンダー」を有償交換できるので、そうなればランニングコストも下がるはず。

ソーダストリーム SOURCE v3 スターターキット

注文して 1週間で到着。本体に 500ml ボトルが 2本付いてきました。

 

『 公式サイト限定特典 ブルーボトル 0.5L 』と『 マイボトル(ミントグリーン)0.5L 』だそうです。

順番に冷やして炭酸水にしていけばエンドレスで使えそうです。

 

本体がこちら。それなりにかさばるかもしれません。

 

裏ブタを開けると中に 1L ボトルが収納されていました。

「ガスシリンダー」を装着して炭酸ガスを注入!

ボトルを取り出し、かわりに「ガスシリンダー」を装着します。

 

キャップを外して、

下から上に回しながら装着。閉めすぎないように。でも、何も難しいことはありません。

 

一方、ボトルには「上限の線」まで水を入れ、冷蔵庫で冷やしておきました。

 

「装着用タブ」を手前に引き寄せ、ボトルのフタを開け、中に「注入チューブ」が入るように斜め下から差し込みます。

 

ボトルを差し込んだまま、斜めから真っすぐになるように、ボトルで「装着用タブ」を奥に押すようにセット。

 

上の「注入ブロック」を押して炭酸ガスを注入!ちょっと楽しいかも。

 

とりあえず、3回押してボトルを外し、グラスに注いでみました。十分な炭酸の勢いです。

500ml ボトルで、ちょうど 2杯分くらい作れそうです。

 

ほどよいシュワシュワ加減。市販の炭酸水とまったく遜色ないです。

「ガスシリンダー」がどれくらい持つか楽しみ

あとは「ガスシリンダー」がどれくらい持つか気になるところ。「代引き」で交換できるようです。

「ガスシリンダー」は 2,160円ですが、空の「ガスシリンダー」との交換のため、送料と「代引き」で

商品代金2,160円 + 送料500円 + 代引き手数料324円 = 合計2,984円

ソーダストリーム SodaStream / シリンダーの交換方法

となるようです。それなら店舗で交換したほうがお得ですよね。

「武蔵野市」で検索すると「ヨドバシ吉祥寺」や「ドンキ」「ロフト」「東急」などでも取り扱っている様子。

 

早速「ヨドバシ吉祥寺」でチェックすると交換購入できるみたい。

これで安心して、ガンガン飲めますね。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

スポンサーリンク