吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

カラオケでの歌声を ICレコーダー(ICD-LX31)に全録して PDCA(?)で改善していきたい

2019.07.29

443 Views

地道に毎日、購入した本も参考にボイストレーニングをして、週2ペースでカラオケに通っていますが、なかなか歌が上達した実感が得られません。そこで遅ればせながら自分の歌声を録音することにしました。

最初からそうすればよかったのですが、やはり自分の歌声を聞くのは気恥ずかしいものです。

スポンサーリンク

ある程度のスピーカー内蔵の「ICレコーダー」が欲しい

私が学生の頃はカセットテープで録音したものですが、いまならやはり「IC レコーダー」になるのでしょう。

小型で安い製品もありますが、再生時にスピーカーでじっくり聴ける機種がいいです。私、イヤホン、ヘッドフォンは苦手なんです。

 

そんな中、候補に挙がったのは次の2つ。

どちらも操作がシンプルでよさそうです。

メモリーカードが交換できるソニー製に軍配

どちらも値段は 1万円を切って歌声の録音には問題ありませんが、パナソニック製は内蔵メモリーだけでカードが使えません。

B075RVJBY9

確かに「メモ代わり」なら十分ですが、ずっと保存していくならカードの交換はできるほうがいいですね。

 

ということでソニー製を購入。8GB の SDカードが付属しており、約89時間の録音ができるようです。

2時間のカラオケを全部撮っても 45回分なので十分でしょう。

 

ポート、電池、メモリーカードが付属です。

手持ちの古い電源アダプターも使えた

実はもうひとつ購入のポイントがあり、以前に使っていた電源アダプターが使えそうな規格だったのです。

 

つなぐと、ちゃんと電池なしでも電源入りました。

 

問題なく録音も再生もできました。スピーカーの音も歌声チェックには十分。

重さも 145g で十分に軽いです。

操作は本当にシンプルで液晶画面も分かりやすい

まずはカラオケの最初から最後まで録音するだけ。

 

あとは日付検索で録音日を探して

 

再生するだけ。スピーカーの音も、歌声の確認には十分ですね。

改善点だらけで笑えるレベル

まあ、録音しなくても歌っていても分かっていましたが、実際に聴くと、なかなか「ひどい」です。

  • 高音は無理に裏声を絞り出している感じがありあり
  • そのために高音は音程が不安定で息切れが目立つ
  • 地声部分と裏声(ミックスボイス?)の違いが明確

ということで、改善点だらけで、どこから手を付けていいか分からない笑えるレベルです。

 

まあ、それでも去年よりは力まないでも高音が出せるようになっているし、裏声には少し「芯」のようなものが加えられてきたのも分かります。

どうせなら去年、カラオケを始めたときから録音しておけばよかったです。でも今がこのレベルなら、これから PDCA で大きく改善できそうで楽しみ!

あと、自分の声は混ざりますが、私の選んだカラオケのセットリストがそのまま録音されているので自宅での練習にちょうどいいです。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場