自家焙煎コーヒー、デジタル機器など、何事も体験すると面白い!

Bluetooth 5.0 トランスミッター「400-BTAD008」で離れた部屋でも音楽が途切れないワイヤレス環境が完成

2020.08.08

615 Views

仕事部屋はもちろん、隣のリビングやキッチンでも「ネックスピーカー」を首にかけ、自由にパソコンで再生中の音楽を楽しんでいます。

スポンサーリンク

少し離れたトイレまでは Bluetooth では厳しい?

この環境は仕事用の自作パソコンは Bluetooth を内蔵していないので、あとから「Bluetooth4.0 USBアダプタ」を装着することで実現しています。

この千円もしないアダプターでも十分、仕事部屋はもちろん、隣のリビングやキッチンくらいだと音が途切れることはなかったのです。

 

ところがリビングより遠くなり、周囲を壁に囲まれたトイレに入ると途端に音が途切れてしまいます。

トイレの扉を開放したままにしても、やはり角度によってうまくつながらないことが多くて残念!

Bluetooth 5.0 アダプターではどうだろう?

もっと Bluetooth が強力ならいいのに、と思ったとき「Bluetooth 5.0」にしたらどうだろう?と思いつきました。

探してみると約 2千円で 「Bluetooth 5.0 USBアダプタ」があったので試してみることにしました。

B089NLZL13

早速、取り替えて実験!

その結論は…

Bluetooth 4.0 アダプターとほとんど変わらない

ということで、本当にガッカリ。Class2 では厳しいのかな。

Bluetooth 5.0 Class1 ならどうだろう?

こうなると意地で、どうしてもトイレや寝室でも届くようにしたくなって、もっとちゃんと Bliutooth 5.0 対応の発信機を探すことにしました。

そして見つけたのが「サンワダイレクト」の商品でした。アンテナもあるし、Bluetooth 5.0 でも Class1 ということで、これならいけるかも!

一気に約 7千円となりましたが、ここまできたら買うしかないです!

似たような商品で安いものもあるのですが

  • Bluetooth 5.0 Class1 とは明記されていない
  • パソコンとつなぐとき USB 接続でない

という 2点から「400-BTAD008」にしました。

 

さらに勢いで仕事部屋とトイレの中間点になるリビングに設置するため長い延長 USBケーブルも購入!

これでだめならショック大きそう。ちなみに、このケーブルで「Bluetooth 5.0 USBアダプタ」も試しましたが、やはりトイレまで届きませんでした。

ちゃんと扉を閉めたトイレでも聴けた!

とりあえず「400-BTAD008」をケーブルでパソコンに接続して、さらにネックスピーカー「BBH-929sH」とペアリングするとちゃんとつながりました!

「USB」と「LL」が光っているので、うまくいっているのでしょう。

 

早速、トイレでも途切れないことを確認!扉を閉めても大丈夫でした。さすが Class1 なのかな?

B08BRD5NT3

さらに遠い寝室でも大丈夫なので、これで家のどこにいても音楽を楽しめます。

毎回、電源をオンにしなおすのが面倒

そこからもうすぐ1か月になりますが、音楽を聴く分にはまったく問題なく、快適に利用できています。

ただし、唯一、不満な点があります。それは「接続切れ 5分で自動OFF」という機能です。

B08BRD5NT3

このため、いったんネックスピーカーをオフにすると自動で電源オフになってしまうのです。

 

つまり再度、接続するには「400-BTAD008」の電源スイッチをオフにしてオンにする、という「ひと手間」が必要になるのです。

まあ、大した手間ではないのですが「自動OFF」機能をオフにできるようにするか、スライドでなく押しボタンにして欲しかったです。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

スポンサーリンク