吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

「Kazumasa Oda Tour 2018 ENCORE!!」のチケットを握りしめて横浜アリーナへ小田さんと会いに行く

2018.07.04

578 Views

小田和正さんがコンサートツアーをすると知って「イープラス」で申し込んでみたところ、7月3日 横浜アリーナのチケットが買えてビックリ!

以前、何回か申し込んで抽選に外れた経験があるので、あまり期待してなかった分、当たった時点で相当、嬉しかったです。

スポンサーリンク

オフコースのコンサートから 39年ぶり

私は高校生の頃に「オフコース」のコンサートを岡山市民会館で観ています。手元に残ったチラシによると 1979年6月13日。もう 40年近くも前のことです。

さすがに記憶は定かでないですが、ラスト近くでステージ後ろの大スクリーンにカモメ(?)が飛ぶ映像を映しながら「愛を止めないで」のサビを小田さんが歌ったときには呆れるほどシビレました。

 

それからオフコースも小田さんもコンサートに行ったことはなかったので、なんと 39年ぶりに再び小田さんに「会える」日が来たわけです。

いつのまにか小田さんは 70歳。私は 54歳。時は待ってくれません。

もちろん「横浜アリーナ」も初めまして

確かにコンサートで「横浜アリーナ」はよく耳にしますが、利用は初めてで最寄り駅が「新横浜駅」ということさえ知りませんでした。

 

昼過ぎに到着したので 17:30 開場まで「ラーメン博物館」にでも行こうかな。

 

一応、イベント情報の掲示板を使って自撮りしてみました。

中高年の女性が中心ですがオジサンの姿も!

ラーメンで満腹になって 17:45 頃に戻ると昼から一変しての大賑わい。

圧倒的に中高年で女性比率が高いです、でも、思った以上に私に近いおじさんも多くてホッとしました。ご夫婦でという方もいらっしゃるようです。

 

チケットは 2階アリーナ席「E7列 59番」。7列は結構、前でよかった!

「会場内は撮影禁止」との看板が目に入ったので素直に以降の写真はなし。

3時間 30曲近く歌って演奏して歩き回る!

コンサートの内容を詳しく書くと 10月までツアーが続く中、興ざめになってはいけないので差し触りなさそうなことだけ書きます。

 

「セットリスト」を紹介するのはマナー違反なのかな?と思って検索したら、公開しているサイトがあるのですね。知りませんでした。

昨日のセットリストも『開催期間中のため非表示』になっていますが、クリックすれば観ることができました。

私も曲目は覚えていても全ては挙げられないし、順番もメモしてないので、昨日の曲名と曲順が分かって嬉しいです。

 

さて、ツアー前にニューシングル「この道を/会いに行く/坂道を上って/小さな風景」を発売したわけですが、この 4曲はコンサートの節目にしっかり歌ってくれました。

事前に購入して何度も聴いて予習しおいてよかったです。お馴染みの曲にも負けない完成度。70歳で新しい楽曲をコンサートで披露できるなんてさすが!

 

あと噂の「御当地紀行」もナルホドの出来栄え。コンサートの真ん中で「ほっこり」した時間を作り、それが演奏の休憩時間にもなるわけで素晴らしいです。

 

歌声に関してはツアーが始まって 2カ月しても、ここまでしっかりと 30曲近く、あの高音で歌い続けられることに感服。ピアノでの弾き語りでは凄みを感じます。

ただステージ上でつまづく場面もあり、のど以上に身体を大切にしていただきたいです。

機会があり抽選が当たれば、また会いに行きたい

力のこもったアンコールも含め、すべてに十分に満足、堪能しました。

さすがに涙を流すことはありませんでしたが「愛の唄」「秋の気配」には当時を思い出してグッときました。

 

なによりも目の前で元気な小田さんの姿を観て、その類ない歌声を聴いて、本当に幸せな夜になりました。

 

これだけのコンサートツアーとなると準備から運営まで相当に大変なはずで「次」があるのかは分かりません。

でも、ぜひ無理ない範囲で続けていただきたいし、そのときも抽選が当たるのであれば、ぜひまた「会いに行く」つもりです。

 

あと、私はまだ小田さんより 15歳も若いので、もう一度、好きな歌を思い切り歌う生活も楽しんでみたいと胸が熱くなりました。

とにもかくにも、小田さん、素敵な夜をありがとうございました。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場