自家焙煎コーヒー、デジタル機器など、何事も体験すると面白い!

密着感と安心感の高い「ヤマシン・フィルタマスク ゼクシード(Zexeed)」を病院付き添い用に採用!

2021.05.02

701 Views

「緊急事態宣言」ということもあり、素直に「吉祥寺通い」をお休みして、スーパーでの買い出し以外は外出も控えています。

スポンサーリンク

病院の付き添い用にワンランク上のマスクが欲しい

それでも母親の病院通いの付き添いは避けられず、いつもの不織布マスクでは少し「心もとない」と感じていました。

もちろん、日頃の使用には十分ですし、私からの飛沫防止には効果があると思いますが、上下左右の隙間からの「漏れ」は呼吸をするとどうしても気になります。

 

そこで近くのドラッグストアでチェックしてみると、日本製でしっかりしていそうなマスクが結構、並んでいました。どれがいいのかわからず、悩ましい限りです。

 

そんな中「ナノフィルタ」を使っているという「ヤマシン フィルタマスク」というのが気になりました。5枚入りで 750円ということは、1枚 150円と、結構「勝負マスク」的な値段です。

ただし、正直「ヤマシン」なんて聞いたこともないので、一度、家に戻って調べることにしました。

「ヤマシンフィルタ」のメイン商品は「建機用フィルタ」

早速、ネットで「ヤマシンフィルタ」を検索するとありました。

なるほど「建設機械用フィルタ」で高いシェアを獲得している『総合フィルタメーカー』なのですね。とにかくフィルタの能力は高そうです。

 

でも、そんな工業用フィルタの会社が作ったマスクで大丈夫?と思ったりもしましたが、サイトからはかなりの本気度が伝わってきました。

そして、お店で売っていた「ヤマシン フィルタマスク」よりもワンランク上の「究極のヤマシン・ナノマスク」という商品があることを知りました。

「密閉性」という意味では、これぞ私が求めていたマスクなのかもしれません。

「究極のヤマシン・フィルタマスク Zexeed」を購入

そんなこんなで、通常はいつもの不織布マスクでいいとして、ここぞ!というときの『勝負マスク』として「究極のヤマシン・フィルタマスク Zexeed」を買うことにしました。

キャンペーンということだったので 3枚入x2袋 で 1,403円で購入。1枚あたり 234円となり、かなりプレミアム感あり。

 

そして、こちらが到着した「究極のヤマシン・フィルタマスク Zexeed」!

 

個別包装です。なるほど、しっかりした感じがします。

母のワクチン注射にも付き添う必要がありますが、6枚あれば十分でしょう。

なるほどの密着感ですが息はしやすく守られてる感あり

とりあえず一枚、装着してみましょう。とりあえず L サイズです。

 

かなり「すっぽり感」がありますが、呼吸は苦しくありません。

見た目も悪目立ちすることはなく、シュッとした感じです。

 

サイドからの漏れも抑えられており、呼吸で膨らんだり、しぼんだりして、しっかりホールドできています。

最初、鼻のわきからの漏れが少し気になりましたが、ワイヤを調整して、ゆっくり呼吸すれば大丈夫そうです。

 

実際、このマスクで約4時間、病院での付き添い、送り迎えをしましたが、これで感染するなら仕方ないだろう、くらいの安心感はありました。

 

アマゾンのレビューによると、サイズに関するコメントが多く、確かに密着感がある分、サイズが合わないと微妙かもしれません。

私は「Lサイズ」でしっくりきましたが、小顔な人は「Mサイズ」でいいのでしょう。でも、その中間あたりの人は難しいかもしれませんね。

なにはともあれ、私は今後、病院への付き添いなどの『勝負マスク」として、この「究極のヤマシン・フィルタマスク Zexeed」を使っていきます。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

スポンサーリンク