吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

Surfaceペンの「ショートカットボタン」による「Windows Ink ワークスペース」表示や「付箋」起動が便利

2016.08.21

6600 Views

「Windows 10 Anniversary Update」を適用して、電池を交換した Surfaceペンで「Windows Ink」機能の「付箋」を試したところまでは紹介しました。

スポンサーリンク

Surfaceペンの「ショートカットボタン」が効かない

電池を交換して Surfaceペンは使えるようになりましたが、ペンの後ろにある「ショートカットボタン(トップボタン)」を押しても反応がありませんでした。

2016-08-21 09.45.58

「Windows 10 Anniversary Update」を適用すれば「ショートカットボタン」を押せば「Windows Ink ワークスペース」メニューを表示させることができると聞いていたのでガッカリしました。

 

そこで「設定」画面で「デバイス」を選択して、

20160821-095807

 

「Bluetooth」設定を確認すると「Surface Pen」が「ドライバーエラー」になっていたので「デバイスの削除」を実行。

20160817-154749

 

すると再度、Surface Pen を見つけてくれたので「ペアリング」を開始。

20160817-160357

 

無事、ペアリングが完了しました。

20160821-102331

Surfaceペンは「ペンと Windows Ink」で設定

「設定」画面の右メニューで「ペンと Windows Ink」を選択します。

20160821-102717

 

そして「ペンのショートカット」で設定ができます。

20160821-103559

 

とりあえず Surfaceペンの「ショートカットボタン」を使い、

  • シングルクリックで「Windows Ink ワークスペース」メニューを表示
  • ダブルクリックで「付箋」を起動

できるように設定しました。

 

これでメモしたいときは「ショートカットボタン」をダブルクリックすれば、いつでも「付箋」が現れて便利です。

2016-08-21 10.40.41

しばらく、この設定で「Surfaceペン」を活用できるか検証してみます。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場