吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

夏の日中でも吉祥寺まで歩くために「晴雨兼用」折りたたみ傘で「日傘男子」デビューしてみました

2019.06.20

842 Views

週2回ほど自宅と吉祥寺を歩いて往復しているのですが、夏が近づいてくると帽子サングラススポーツサンダルで暑さ&日差し対策をしています。

しかし帽子は蒸れるし、身体の熱は下がらないので、例年7月と8月の晴れた日中はバスを利用しています。

スポンサーリンク

「晴雨兼用」で軽量の折りたたみ傘をチョイス

そんな中、アマゾンでよさげな折りたたみの「日傘」を見つけたので買ってみることにしました。

B07RW22K5X

アマゾンで「日傘」で調べると迷うほど出てきますが、選んだポイントは

  • 超軽量(210g)折りたたみ傘
  • 完全遮光遮熱 UVカット率99%
  • 晴雨兼用 男女兼用

といったところです。しかも 1、688円だったので失敗しても勉強代です。

そもそも不意の雨に備えて折りたたみ傘は常備していたので「晴雨兼用」に置き換えればいいわけです。

137g が 210g になるだけなら、ほとんど重さの負担はないはずですから。

十分に軽くてコンパクト。広げるとしわくちゃ

「中国郵政」という気になる怪しげなパッケージで届きました。

 

袋から出すと、中身は問題なさそう。

 

重さは 207g。日々、持ち歩くには十分な軽さ。

 

サイズも雨傘と比べても同等にコンパクトと言えるでしょう。

 

広げてみると、しわくちゃです。

 

内側は黒い素材で、確かに光は通さない感じ。

何度もたたんだり広げたりするときの耐久性は分かりません。

平日の日中であればさほど恥ずかしくない

実際に晴れた日に吉祥寺まで使ってみました。とりあえず途中にある建物のガラスに映った姿を撮影。

40分ほど使ってみての率直な感想は

日差しを浴びない効果は大きく、長距離歩くので累積効果もある

といったところです。さらに

日差しの向きに合わせて傘の角度を変えられるので効果的

に感じました。これは大正解かもしれません。

 

確かに多少は「恥ずかしい」ですが、平日の日中にすれ違う人は少なく、サングラスもしているので思ったほどは気になりません。

それに少し傘を傾ければ相手の視線も避けられますから、吉祥寺に近づいて人通りが増えるまでは平気そうです。

 

これからどんどん暑くなると日傘では「焼け石に水」の状況も考えられますが、とりあえず、この夏は「日傘男子」を試してみます。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場