吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

テレビより先にテレビ台を買い替えた理由と選び方についての備忘録

2017.02.07

5063 Views

テレビの買い替えで最後の最後で踏ん切りがつかないことを紹介しました。さすがにこれではいつまで経っても話が前に進みません。

スポンサーリンク

テレビを買い替えざるを得ない状況に

そこで自分で自分の背中を押すために「買い替えざるを得ない状況」を作ることにしました。やはり買い替えをグズグズしている大きな理由は

20年前のブラウン管テレビだけど、まだキレイに映っている

ことなので、最初は古いテレビを先にリサイクルで処分しようと考えました。

 

でも、ヨドバシでもアマゾンでも、テレビを買い替えるときは普通にリサイクルで出すより安くできるので、買うのと同時に処分したほうが効率よく割安です。

すると大型テレビが届いたとき、最適なテレビ台が設置済みなのが理想です。

 

古いブラウン管テレビは 28型で、付属のテレビ台は幅 74cm、奥行き 50cm。55インチの液晶テレビでもなんとか乗りますが、横は大きくはみ出す感じになります。

しかも奥行きがあるので、買い替えないと薄型テレビの「薄さ」が生かせません。

 

結論として「テレビ台を先に買って設置する」ことで、もうテレビを買い替えるしかない状況が作れそうです。

テレビ台の幅は 125cm 以上 175cm 以下

さて、次はテレビ台を選ぶわけですが、最終候補の「55Z700X」でも「OLED 55EG9100」でも、横幅が 125cm 以上が必要です。

奥行きは 40cm もあれば十分です。

 

さらに居間で設置を考えている場所の最大幅が 175cm です。

これでテレビ台の幅は 125cm 以上 175cm 以下で絞れました。

テレビ台の売れ筋は横幅 150cm タイプ

リビングは座椅子で過ごしているので高さの低い「ロータイプ」がいいです。

 

そこでアマゾン、楽天、ヨドバシで「テレビ台 ロータイプ」で探してみました。

どうやら 150cm幅の商品が多く、値ごろ感もあるようです。

 

その中で絞り込んで気に入ったのがこの2つ。値段も安いです。

現在、ガラス扉を開けるテレビ台を使っているのですが、いちいち開けるのが面倒なので、レコーダーなどの周辺機器はオープンな場所に設置したいのです。

やはりスペースはめいっぱい使いたい

メジャーでサイズを計りながら考えていると、やっぱり最大 175cm あるならスペースはめいっぱい使いたいと感じてきました。

でも 170cm 指定となると選択肢が狭まり、値段も高くて組み立ても大変そう。

だからといって比較的多い 180cmタイプは入らない…。

 

だったら、いっそのこと

サイズ可変タイプにしよう!

となったわけです。

 

結果、最終的に選んだのがこちら。

これなら 175cm 目いっぱいでも設置できるし、実際のテレビが届いてからも調整できるし、値段も 1万円を切るので即決できます。

 

実はすでにこのテレビボードの「ブラウン」を購入して到着済みです。

さらに組み立ても終わっていますが、それなりに大変だったので、それはまた次の記事で…。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場