自家焙煎コーヒー、デジタル機器など、何事も体験すると面白い!

「海軍鉄板カレー」と「てつのくじら館(海上自衛隊呉資料館)」は潜水艦つながり?

2014.11.07

37613 Views

「大和ミュージアム」で思いのほか時間を費やし、同時に見学予定の「てつのくじら館」に行く前にお昼を食べることにしました。

スポンサーリンク

「海軍鉄板カレー」とは

ガイドブックには「呉ならでは」という海軍グルメが紹介されていたので、大和ミュージアムから近いはずの「ハイカラ食堂 日招きの里」に決めました。

この店がある「折本マリンビル 3号館」がなんだか分かりにくい場所にあって苦労しましたが、なんとか辿り着きました。

 

人気No.1 という潜水艦カレーでもよかったのですが、せっかくなので「限定30食」という「海軍鉄板カレー(1,450円)」を頼んでみました。

2014-11-05 13.08.26

海上自衛隊の艦内で実際に使われているという鉄板プレートの上に「海軍カレー」「肉じゃが」「クジラカツレツ」などが盛られていました。

ちなみに牛乳は海上自衛隊のカレーには必ずついてくるのだとか…。

 

「クジラカツレツ」は微妙でしたが「海軍カレー」は食べやすく、程よい辛さで普通においしかったです。

2014-11-05 13.08.34

とにかくお腹が空いていたので、一気に平らげてしまいました。

「てつのくじら館」は無料

腹ごしらえも済んだので、早速、巨大な潜水艦が屋外展示されている「てつのくじら館(海上自衛隊呉資料館)」を見学しました。

 

展示されている潜水艦「あきしお」は、昭和60年に進水、平成16年に除籍、同18年に展示用になったそうです。

2014-11-05 11.54.30

 

さて、入場無料で何が展示されているのかと思ったのですが、意外にも「機雷を除去する活動」の紹介に力が入っていました。

2014-11-05 13.41.20

 

戦時中に日本近海に設置された大量の機雷を除去する「掃海」部隊の活躍、さらに海外の機雷除去支援活動など、こういう機会でもないと知識として入ってこない情報ばかりでした。

そして 3階では潜水艦についての歴史や設備などが紹介されていました。

潜水艦内での食事も展示されていましたが、確かにカレーに牛乳ですね。

2014-11-05 14.01.13

通常、金曜日のメニューはカレーで、カレーを食べることで曜日を再確認する意味もあるのだそうです。なるほど。

 

そして展示されている潜水艦「あきしお」の中を見学できました。

2014-11-05 14.09.45 2014-11-05 14.07.40

仕方ないことですが、幅も狭くて天井も低く、潜水艦内での長期間勤務はつらそうです。ちなみに自衛官に背の高いほうの制限はないそうです。

 

潜水艦の中を見学することなどまずないので面白い体験でした。最後にお土産として「潜水艦型6色ボールペン(720円)」を買って締めくくりました。

2014-11-07 10.27.19

はい。もう十分に堪能しました。

旅の最後は「かきの土手わっぱ」弁当で締め

ガイドブックによると呉にはまだ見どころはありそうでしたが、さすがに疲れ切ったので広島駅に戻りました。

そして駅に近いカフェでゆっくり休んでから「広島かきの土手わっぱ」という駅弁を買って東京行きの新幹線に乗り込みました。

2014-11-05 19.33.45

 

しっかりと味噌味が付いていておいしかったです。

2014-11-05 19.35.49

 

これにて広島の旅も終了。とても充実した楽しい旅でした。おつかれさま。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

スポンサーリンク