吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

「FLOW」機能対応のワイヤレスマウス「Logicool M585 MULTI-DEVICE」は 2台間の切替ボタンが便利

2017.07.22

4020 Views

先日(7/11)の「Amazonプライムデー」で気になっていた logicool マウス(M585GP)を購入し、10日間経ったので使用感をレビューします。

スポンサーリンク

複数デバイスを操作できる「FLOW」機能

長年使っていた有線マウスの調子がおかしく、買い替えることにしました。

1,280円で 4年半も働いてくれたので十分でしょう。ありがとう。

 

そして買い替えるなら、気になっていた logicool 製品で複数デバイスを操作できる「FLOW」機能に対応するマウスにしようと思ったわけです。

 

この「FLOW」機能が快適に使えるなら、私のデュアルディスプレイ&デュアルパソコン環境はより便利になるはずです。

 

しかも、すでにFLOW機能対応キーボード「logicool 370s」は使っているので、マウスと連動した切り替えができると思ったわけです。

手軽に使える「M585 MULTI-DEVICE」

「FLOW」に対応するマウスには「MX Master 2S」や「M720 Triathlon」などもありますが、今回は「M585 MULTI-DEVICE」を選びました。

B071Z2TFHY

大きな理由のひとつは「2年間の電池寿命」です。

このマウスは、単三形乾電池1本で2年間使用できます。自動スリープモードおよびオン/オフスイッチによって電池を節約する一方で、急な電池切れの心配を解消する電池残量インジケーターも備えています。

私が有線マウスを好きな大きな理由は電池がいらないからですが、本当に 2年も交換が不要なら問題ないでしょう。

 

ただし「MX Master 2S」や「M720 Triathlon」と較べるとパソコンは 2台までしか対応しないようです。

LOGICOOL FLOW

2台のパソコン上でシームレスにナビゲーションを行い、1台のパソコンから別のパソコンへコピー&貼り付けを実行することができます

とりあえず切り替えて使いたいパソコンは 2台なので、これもOKです。

 

そして定価で 3,780円と値ごろ感があり、しかもアマゾンのプライムデーで千円安くなりました。

これなら買わない理由がないですよね。

「Unifyingレシーバー」を挿せばつながる

いつものようにアマゾンの大きな箱にマウスの小さい箱が入って届きました。

 

箱の中身はシンプル。

 

裏ブタを開けると電池が付属しており、これで 2年間使えたらすごいですね。

 

「Unifyingレシーバー」も裏面に収納されています。

本体の USBポートに挿すと、すぐにつながりました。

2台目の Bluetooth接続も簡単

2台目の Surface Pro 3 では「設定」の「Bluetoothデバイスの管理」画面を開き、「M585」の切り替えボタンを長押しして「2」を点滅させます。

 

すると「M585」が現れて「ペアリングの準備完了」と表示されます。

 

これを選択すると「ペアリング」ボタンが現れるので、それを選択。

 

ペアリングが終わるのを待って

 

接続完了です。

切替ボタンだけで簡単に切り替わることを確認しました。これはとても便利!

切り替え時に「1」か「2」か光るのも分かりやすいです。

「FLOW」の導入とキーボード連動

さて 2台のパソコンをつなぐ「FLOW」機能は専用アプリを両方にインストールする必要があります。

実行してインストールするとデバイスが表示されます。

 

マウス(M585)を選択して、上の「Flow」で画面を切り替えます。

 

マウスとキーボードを連動させるには「リンクキーボード」から「logicool 375s」を選択。

 

これで 2台のパソコンを境界線をまたいでマウスを移動でき、キーボードも連動して切り替わります。

さらにコピーしたデータも移動できることを確認しました。

「FLOW」機能の感想と希望

カーソルが画面の端をまたいで パソコン間を行き来できるのは素晴らしいでが、気になる点もあります。

  1. カーソルを画面の端に当てても、切り替わるのに少し間がある
  2. 切り替えたくなくても画面の端にカーソルが当たると動作する
  3. マウスにあるボタンで切り替えてもキーボードは連動しない

そこで「2」対策で「Ctrl」キーを押さないと切り替わらない設定にしました。

あとは「3」について、マウスのボタンだけでキーボードも連動して切り替わるように改良して欲しいです。

 

実際、画面の端までカーソルを移動させるより、マウスの切替ボタンのほうが切り替えは楽です。なのでボタンにキーボードが連動してくれたら最高なのです。

 

とりあえず「Logicool M585 MULTI-DEVICE」はサイドのボタンも使いやすいし、手にも馴染んで滑らかに動かせてマウスとして合格点です。

本当に電池が 2年もつのか楽しみですし「FLOW」機能の改善も期待しています。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場