吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

新米の青森産「晴天の霹靂」2kg を買って、炊いて、味わってみました

2016.11.23

4090 Views

初めての銘柄「ミルキークィーン」を新米でいただきましたが、そろそろ別の銘柄も試してみたくなりました。

スポンサーリンク

スーパーで「晴天の霹靂」2kg をゲット

そんなとき、いつものスーパーで買い物をしていたら「晴天の霹靂」が売られているのを発見しました!まさに晴天の…。

2016-11-13-20-22-21

しかも「お米 25%引」セールの日だったようで、2kg 1,280円が 960円(税抜)となっており、これは買わない手はないでしょう。

 

アマゾンでは同じ 2kg で結構な値段になっています。

スーパーも侮れないです。

 

さて、公式サイトによると「晴天の霹靂」はデビュー2年目。

青森のお米で「粘りとキレのバランスがいい 上品な甘み」で、どんな食材との相性もいいとのこと。それは楽しみです。

 

「青森の空に煌めく、白い稲妻」だそうです。

米袋などの図案は、空がパカッと割れて「晴天の霹靂」が飛び出してきた様子を表現しました。

- 青天の霹靂とは

 

そういう意味合いのパッケージデザインなんですね。

2016-11-16-18-10-42

 

「ひとめぼれ」などの特徴も受け継いでいるそうですが「来歴」は複雑。

B01FTYBCZS

およそ 10年という開発はかなり大変そうです。

「ミルキークィーン」と比べてみたら

袋は開封後に閉じられるようにチャック付き。

2016-11-16-18-16-43

 

左が「晴天の霹靂」で右が「ミルキークィーン」。公式サイトでは「粒がやや大きめ」とありましたが、粒の大きさや形状は見た目で違いは分からないです。

2016-11-18-10-43-13

ただ「ミルキークィーン」のほうが白っぽいです。

 

接写してみました。「晴天の霹靂」のほうが透明感があります。

2016-11-18-10-44-07

 

そして「ミルキークィーン」がミルキーなのがはっきり分かります。

2016-11-18-10-44-23

まずは 2合を「銘柄炊き」は指定なしで

擦り切り2カップで 2合、炊いてみます。

2016-11-16-18-18-40

 

「米銘柄」は銘柄一覧に「晴天の霹靂」がないので「指定なし」にして、まずは「白米ー新米」設定だけで水を量りながら足しました。

2016-11-16-18-24-13

「OK」が出た状態で水のラインが「2」の目盛りより少し下になりました。

 

「炊飯」すると 65分と表示され「ミルキークィーン」のときと同じです。

2016-11-16-18-24-32

 

しっかりふんわり炊き上がりました。

2016-11-16-19-19-37

粘り気少なく、しっかりさっぱり食感

全体をほぐすと、ミルキークィーンより粘り気は少ない感じです。

2016-11-16-19-19-56

 

お茶碗によそってみました。おいしそうに炊けています。

2016-11-23-12-40-58

 

一粒一粒がしっかりとしており、粘り気は少な目で、噛みしめるとほどよい甘味も感じられます。

2016-11-23-12-41-14

「ミルキークィーン」のあとだけに「さっぱりしている」という表現は納得。

 

2kg あるので、1か月はいろんなおかずと一緒においしくいただけると思います。ごちそうさまでした。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場