吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

Google Chrome でユーザー別デスクトップショートカットを作成、タスクバーにピン留めで一発切り替え

2015.01.14

23985 Views

Google Chrome のユーザー切り替え機能が改悪されたことは紹介しました。

私の環境では、いったん「先祖返り」したのですが、再び改悪バージョンに戻ってしまい、ガッカリしています。

スポンサーリンク

ユーザー別のデスクトップショートカット作成

Chrome の画面から行うユーザー切り替え機能の代わりにはならないのですが、ユーザー別のデスクトップショートカットをデスクトップに置いたり、タスクバーにピン留めすることで、ある程度は便利になります。

1.ショートカットを作成したいユーザーに切り替え

  • 画面右上のユーザー名が表示されている部分をクリックして「ユーザーの切り替え」をおこないます。
    20141211-05
  • 「ユーザー切り替え」画面でショートカットを作成したいユーザーアイコンをクリック。
    20150114-01

2.切り替えたユーザーの設定画面を開く

  • 画面右上の「設定」ボタンをクリック、表示メニューから「設定」を選択。
    20150114-05

3.デスクトップショートカットを追加

  • 「設定」画面の「People」から「現在」開いているユーザーを選択し、「編集…」ボタンをクリック。
    20150114-06
  • 「編集」画面で「デスクトップショートカットを追加」ボタンをクリック。
    20150114-07
  • これでデスクトップ上にショートカットが完成です。
    20150114-09

ユーザー別のデスクトップショートカットを実行することで、直接、ユーザー画面を開くことができます。

20150114-14

デスクトップショートカットをタスクバーにピン留め

デスクトップショートカットをタスクバーにピン留めしておけば、いつでもユーザー別の Chrome画面を起動することができます。

  1. デスクトップショートカットをタスクバーにドラッグ&ドロップします。
    20150114-10
  2. ワンクリックで希望のユーザー画面が開くことができます。
    20150114-11

Chrome のアイコンに小さなユーザーアイコンが表示されているので、どのユーザーのショートカットか分かります。

 

同様によく使うユーザーのショートカットを作り、タスクバーに並べておけば一発で各ユーザー画面を開くことができます。

20150114-12

同時に、現在、どのユーザー画面が開いているかも、アクティブになっているかも分かるし、画面の切り替えもワンクリックです。

 

もちろん、それでも Chrome 画面から直接、ワンステップでユーザー切り替えできる以前の方式には戻してもらいたいです。

20150110-01

そんなこんなで「次善の策」として、デスクトップショートカットの作成とピン留めの手順を紹介しました。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場