吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

「TEPCOスマートホーム おうちの安心プラン」の感想レビューと解約手続き&機器返却の手順について

2018.08.13

1483 Views

「TEPCOスマートホーム おうちの安心プラン」をお試し利用してきましたが、8月末が期限になるので感想を書いてから解約、機器を返却しようと考えています。

結論だけ書くと、解約の理由は「一人暮らしには必要ない」ということです。

スポンサーリンク

お試し理由は「Google Home Mini」がもらえるから?

最初は 3月半ば、自宅に突然、セールスの電話がかかってきて

TEPCOスマートホームの「おうちの安心プラン」を半年間お試し利用するとスマートスピーカー「Google Home Mini」がもらえるキャンペーンをしています。

ということで、しかも

お試し期間が終了して機器を返却すれば費用負担はなく「Google Home Mini」も返さなくていい

と聞いたので、どんなサービスかも実際に使ってみないと分からないので「なにごとも経験」と考えて、割と気軽に「OK」してしまいました。

 

お試しの結果、継続する場合は本来なら月額 3,280円のサービスを 19カ月間は 1,300円割引、つまり 1,980円で受けられるとのこと。

もし、外出先から自宅の状況を確認するサービスだけなら 月1,980円でも高すぎると思いつつ、実際に使ってみて評価しようというわけです。

5カ月も無料期間があれば、その間に魅力的な機能を追加して継続につなげようとするかもしれない、という淡い期待もありました。

 

もちろん、お試しを決めた最大の理由は「Google Home Mini」をもらえるということですが、すでにソニーのスマートスピーカー「LF-S50G」を所有しているので、是が非でもというほどではありません。

それでも仕事部屋にひとつあっても便利かな、という軽いノリで受けました。

「スマートホームハブ」と「センサー」は訪問設置

すると詳細に話が移ると「スマートホームハブ」と「センサー」を設置するので訪問スタッフが伺いますとのこと。いきなり面倒な話となりました。

設置なんて自分でできるのに… と思いつつ、まあ「訪問サポート」は昔とった何とやらで、それも一興と設置に来てもらうことにしました。

 

結局、訪問スタッフは忙しそうで、設置は 4月12日と結構、待ちました。

当日、やってきたスタッフは結局、30分ほどの作業で

  • スマートハブ 1台
  • ブリッジ 1台
  • マルチセンサー 1台

を取り付け、機器の入っていた箱と作業完了書を置いて帰っていきました。

 

箱には「Product Name」などが書かれたシールが貼られているだけ。

 

「取扱説明書」のようなものはなく、訪問スタッフの話だと

紙の資料ができるのが遅れており、後日、郵送されますので、詳しい使い方はそれをお読みください。

と話していましたが、結局、4ヶ月経ったいまも紙の資料は届かず。

 

マルチセンサーは 3個あるのですが、取り付けない 2個は箱に入ったまま。

 

作業完了書には「3個」になっているので送り返さないといけないのでしょう。

訪問スタッフは「Google Home Mini」を持ってきておらず、あとから届くとのこと。要するに『もらったらサービスを使う前に解約する人もいる』と想定しているようです。なるほど。

設置後 1ヶ月で「Google Home Mini」が到着

それから1カ月ほどして忘れかけていた 5月半ばに電話で「Google Home Mini」を送るとの確認電話があり、数日後に届きました。

 

少なくとも 1か月は使ってくれた人に、ということなのでしょうか。

ヨドバシで 6,400円程度なので、まあ、もらった感はあります。

 

設定や使い勝手などはソニー製品で体験済みなのでサクッと起動。

本体の左右をタッチして音量調整できますが、かなり大まかな。それでも音は思ったより良く、簡易スピーカーとして十分です。

 

いまはスタンディングデスク用のスピーカーとして重宝しています。

 

「Google Play Music」による再生に最適だったりします。

簡易スピーカーとしては合格点。

ルーターと有線でつなぐだけの「スマートホームハブ」

こちらが「スマートハブ」。印字も何もなく、愛嬌はゼロ。

接続の設定時には頭部のランプが青く光っていましたが、いまは動作しているのかもパッと見では分かりません。

 

電源を供給して、うちのルーターに有線LANケーブルでつなぐだけ。

とても訪問スタッフが必要な作業ではありません。

 

マイクや USB端子。LAN端子もあるので、拡張性がないわけではなさそう。

シンプルなのは悪くないですが、それにしても…。

「マルチセンサー」は電池式で玄関扉に貼り付けるだけ

こちらが「マルチセンサー」。玄関の扉上部に両面テープで貼るだけ。

 

扉の開閉を感知するようですが、振動センサーか何かなのでしょう。たぶん。

 

アプリで確認すると「温度」も分かることにはなっています。

でも、この暑い日に 26.1度は本当かな?

 

あとは「スマートホームハブ」と「マルチセンサー」の中間あたりに「ブリッジ」を設置。うちの場合は洗濯機置き場の電源に挿し込むだけ。

いずれにせよ、訪問スタッフが必要な作業ではありません。

結局、「在宅」か「不在」かが分かるだけ?

仕組みは一応、こういう説明のようです。

結局、現状では家族の「在宅」か「不在」かが分かるのがメイン機能。

 

アプリで「在宅モード」と「不在モード」が確認できます。

 

 

「通知」を設定しておけば家族の外出や帰宅を教えてくれることになります。

機能することは確認できました。でも、外出したときに「不在」、帰宅したときに「在宅」の通知が届いても一人暮らしなので

そんな事は自分が一番知っている

という感想しかありません。

 

あとは朝、アプリにメッセージ届いたりします。

いずれにせよ『ひとり暮らしの寂しさが増すだけかも。

子どもや高齢者の家族がいれば利用価値はある?

間違いなく『ひとり暮らし世帯には不要』なサービスですが、一方で

  • 両親が共働きで、小さい子どもが学校や塾などから帰ってきたか、出かけたかを確認したい

ときなどは価値があるのかな?

あとは高齢者の在宅/不在を確認することもできるでしょう。でも、必ずスマホやタグを持ち歩いてくれるかが気になります。

 

さらに別売の「スマートロック」を追加すれば

  • 鍵のかけ忘れや鍵をなくしたときにも対応できる
  • センサーとの組み合わせで「オートロック」にできる

といった使い道は提案されています。

 

いずれにせよ、現状の機能だけで月額 3,280円は高いです。「スマートホームハブ」などの機器をレンタルと考えても割高感は否めません。

今回のキャンペーン値引きの月額 1,980円でも需要があるのか疑問です。

 

子どもの帰宅を確認するだけなら以下のようなサービスもあります。

これなら買いきりで約1万1千円だし、LINE との連携も現実味があります。

B079X1Z9M4

 

この「Qrio ただいまキット」もアマゾンのレビューで評価は分かれているので、これで十分かどうかは判断できません。

それでも「おうちの安心プラン」はいまの内容と料金だと、十分な需要は掘り起こせないのではないでしょうか?

解約手続きは 20日より前にする必要あり

ということで感想も書き終えたので公式サイトから解約手続きをしてから機器を返送したいと思います。

ログインして「マイページ」から「サービス申し込み状況」を確認します。

「お申込みサービス」で「おうち安心プラン」の「詳細を見る▼」をクリック。

詳細の一番下に「解約手続き」ボタンが登場。

「解約のお手続き」画面では「機器返送」を選んでも「ご請求金額」が表示されるのでハラハラします。

重要なのは

ご解約の締切日は、毎月20日となります。毎月20日までに解約手続きをした場合は当月の末日、毎月20日以降末日までに解約の手続きをした場合は、翌月の末日の解約となります。

8月末までのお試し期間なら 8月20日までの解約手続きが必要。

 

そして私の「適用キャンペーン」では「解除手数料 無料」となっています。

 

ちゃんと無料で解約となればよいのですが、完了画面の表示もおかしいし、ちょっと不安ではあります。

 

その後、「東京電力エナジーパートナー」からメールが届いていました。

まずは解約手続きまでは終了です。

 

この勢いで機器を取り外して返送しなくちゃ!

 

これだけきちんとやっても 9,500円請求されたら「Google Home Mini」をヨドバシで買ったほうが安かったことになります。

頼みますよ、テプコさん。

後日「返送のご連絡票」が送られてくるらしい

コンビニで宅配便にして送ろうと梱包をすませました。

送り先を確認しようと解約したあとにテプコから届いたメールを読み直してみました。

 

すると以下の文面に気が付きました。

お客さまご自身で撤去・返送をお選びいただいた場合

  • 後日当社より、「解約に伴うレンタル機器のご返送のお願い」のお知らせについて、お送りいたします。
  • お手数おかけいたしますが、設置作業時にお渡しした各製品の箱に機器・付属品等および、お知らせに同封の「返送のご連絡票」を入れていただき、下記住所宛てまでご返却くださいますようお願い致します。
  • 返送にかかる送料は、お客さまのご負担となります。

なんと、この「返送のご連絡票」の到着を待たないと返却できないようです。

 

なんで解約直後の画面に「返送のご連絡票」表示して、それを印刷して同封させるといったことをしないのでしょうか?

返送しようという機運がが失せてしまいます。やれやれ。でもまあ、素直に数日、待ってみます。

追記(2018/8/16)4日後に「返送のご連絡票」到着

解約して 4日後にテプコから封書が到着しました。

 

こちらが「返送のご連絡票」。返却期限は 2018年9月14日。

 

梱包を開け、同梱し直して、再梱包しました。

 

あとはコンビニで宅配便で送って終了(送料はこちらが負担 807円)。

8月18日到着予定。お疲れ様でした。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場