吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

20年ぶりにメガネを「JINS」で新調して、その安さと軽さにビックリ

2019.02.26

903 Views

20年以上、着用していたメガネが壊れてしまったため、仕方なく「JINS」で新調することにしました。

スポンサーリンク

耳にかける部分(先セル)が折れてしまった

長年、愛用して馴染んでいたので買い換える予定はなかったのですが、左耳にかける先端部分が折れてしまいました。

それでもメガネがないと生活に困るので、そのまま数日は使っていましたが、メガネは傾くし、先端が肌に当たって痛いし、さすがに限界を感じたわけです。

 

ちなみにメガネを支える棒状のパーツを「テンプル(つる)」、そして耳にかける先の部分は「先セル(モダン)」と呼ぶそうです。

「つる」は分かりますが「先セル」というのは初耳。

 

その「先セル」部分を修理や交換する選択肢もありますが、さすがにレンズもフレームも傷だらけなので買い替える決心をしました。

とりあえず「JINS」で買うことにしました

吉祥寺の「ダイヤ街」にメガネ屋が並んでいるのを覚えていたので行ってみると「JINS」がパット見でスッキリしていたので入ってみました。

最後にメガネ屋さんに入ったのはいつだったのかも思い出せないほど。

 

レンズ込みで 8,000円といった値段なんですね。少しデザインの凝ったものでも 12,000円とか、凄くリーズナブル。

なんだか軽いし、私のような度のきついレンズでも値段は変わらないということで、そのまま検査して購入することにしました。

 

選んだフレームを持って 2階で行くと、10分ほど待って検査があり、5分ほどで度を決め、10分ほどで支払いまで完了。

支払い後に加工で 20分後にはできているとのこと。その間に晩ごはんを済ませました。

 

会計も本当に 8,000円+消費税だけ。私のような度の強いレンズでも値段が変わらないのは驚き。

これならデザインの違うのをもう一本という気持ちにもなるかも。

レンズ込みで 17g という軽さにビックリ

食後に受け取ったのがこちら。ケース付き。結局、度数は今までと同じにしました。

実は車の運転用に度のきついメガネは持っているのですが、日頃のデスクワークでは少し弱い度のメガネの方がいいのです。

 

気になる軽さですが、レンズ込みで驚きの 17g。

 

ちなみに従来のメガネは 31g。倍近くあったのですね。

 

購入後、3日経ちましたが、そもそも度数を変えていないので見え方に違和感はまったくありません。

というか軽くなったためか、耳や鼻の上あたりが快適になった気がします。もっと早く、買い替えたらよかったと思うほどです。めでたしめでたし。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場