自家焙煎コーヒー、デジタル機器など、何事も体験すると面白い!

『男子の自慢ごはん』から次の料理として選んだのが「酢豚」。理由は単純に好きだから…

2016.03.01

3804 Views

『男子の自慢ごはん』も参考に「チャーハン」作りは慣れてきました。

スポンサーリンク

とにかく回数やって慣れることが大切

実際、回を重ねるごとにチャーハンに関しては手際が良くなり、ほぼ希望通りの「パラパラ」に炒められるようになりました。

2016-02-28 13.15.29

先日は他の料理で余った「油あげ」を小さく切って入れたり、具材についても自由にできる感じです。

 

ということで、そろそろ『男子の自慢ごはん』から次なる料理に挑戦してみよう!というわけです。

次のメニューは大好きな「酢豚」

そこで選んだのが「酢豚」。理由は単純に「私が好きだから」です。

手間を惜しまないことで完成度アップ
酢豚(p.75)

残念ながら「女子が男子に作ってほしいベスト 30」には入っていませんが、私が食べたいのでこれでいきます。

 

用意した食材と調味料はこんな感じ。

2016-02-26 13.14.19

最後にからめるタレ(?)はトマトケチャップ、片栗粉、酢、しょうゆ、砂糖などをレシピ通りに混ぜ合わせたものの、なんだか不安です。

 

とりあえず豚肉に調味料をかけ、片栗粉、小麦粉をまぶしてみました。

2016-02-26 13.22.49

これも「粉」がうまくまぶせていないような気がしてしまいます。

スキレットで揚げてみました

レシピではフライパンに油を高さ 1~2cm ほど入れて揚げるとあったので、油の量を少なくするためにもスキレットでやってみました。

2016-02-26 13.32.23

 

1人分を揚げるには丁度いい感じです。

2016-02-26 13.34.21

 

ニンジン、玉ねぎ、豚肉を揚げただけですが、それっぽいです。

2016-02-26 13.35.27

あとはフライパンでタレとからめて

先にシイタケを炒めて

2016-02-26 13.37.27

 

そこに揚げた食材とピーマンを加えて

2016-02-26 13.39.53

 

最後にタレを入れて、絡めながら炒めます。

2016-02-26 13.40.14

なんかタレが酢豚と少し違う気がする

完成した林亭「酢豚定食」がこちら。初めてにしては上出来な気もします。

2016-02-26 13.49.28

ごはんとスープと一緒にいただきました。

 

酢豚らしく「とろみ」も「酢の味」も感じますし、野菜もいい味出しています。

2016-02-26 13.44.23

 

主役の豚肉もおいしく、全体的にもちゃんと無理なく完食できました。

2016-02-26 14.00.57

 

なんだか少し「タレ」の感じが違うので、そこは他のレシピも調べて宿題として、まずは「酢豚」を作ることができた、ということに満足です。

ごちそうさまでした。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

スポンサーリンク