吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

アイリスオーヤマ「銘柄量り炊き IHジャー炊飯器 RC-IA30-B」の第一印象とIH調理器としての実力

2016.11.07

3366 Views

アイリスオーヤマ「銘柄量り炊き IHジャー炊飯器 RC-IA30-B」が届いたので、さっそく第一印象と IH調理器としての実力をご報告。

スポンサーリンク

従来の 5.5合炊きと比べてコンパクト

こちらが商品の入っていた箱。ほぼ予想通りの大きさ。

2016-11-06-15-40-43

 

そして内容物はこんな感じ。本体、内釜、蒸しプレート、2つの計量カップ、しゃもじ、電源コード、取扱説明書。

2016-11-06-15-43-51

 

計量カップは緑が無洗米用。透明なカップには細かく 20cc 刻みで目盛りが入っています。きっと細かい水量調整に使うのでしょう。

2016-11-06-15-50-22

 

付属のしゃもじ(左)は立ちます。少し前、わざわざ「マーナ 立つしゃもじ(右)」買ったのに…。

2016-11-06-15-53-23

 

さて、いままでの 5.5合炊きと比べてみました。だいぶコンパクトで嬉しいです。

2016-11-06-15-44-45

 

重さは大差ないですが、圧迫感が減ってキッチンがすっきりしました。

2016-11-06-15-44-55

 

以前は壁ギリギリでしたが、少し隙間ができたのもよかったです。

2016-11-06-15-45-16 2016-11-06-15-45-33

 

電源ケーブルはマグネットプラグ。

2016-11-06-15-51-33

 

悪くはないですが、炊飯器を壁際に置くときには少し窮屈です。

2016-11-06-15-52-13

でも、一定の隙間を確保するにはいいかもしれません。

「極厚 銅釜」の厚さは伊逹じゃない

当たり前ですが、内釜のサイズが全然、違います。

2016-11-06-15-46-05

 

中にすっぽり入りました。

2016-11-06-15-46-32

 

でも、重さはそれほど違いません。

2016-11-06-15-47-35 2016-11-06-15-47-15

 

さすが「極厚 銅釜」の厚み(3.1mm)は伊逹ではなさそうです。

2016-11-07-06-03-35

B01LEXX1DE

炊飯器と IH調理器の分離&合体メカ

そして注目は炊飯器と IH調理器が分離するところです!

2016-11-07-05-34-50

単純に上へ乗っているだけで、なんの固定装置もありません。

 

炊飯が終わったら IH調理を使えますが、当然、その間は炊飯器による炊飯と保温はできなくなります。

2016-11-07-05-35-13

 

炊飯器を裏返してみました。本当に乗っているだけですね。

2016-11-07-05-36-22

 

このセンサーのようなものだけでやり取りしているのですね。

炊飯器の裏側
2016-11-07-05-36-52

IH調理器側
2016-11-07-05-37-02

どういう仕組みなのか気になるところです。

さっそく IH調理器を使ってみました

炊飯器の能力は別の記事に書くとして、とにかく IH調理器を使ってみました。ちょうどスーパーで IH対応の「キムチ鍋」を売っていたのです。

2016-11-05-18-42-03

 

準備はタレを加え、水を加えるだけ。

2016-11-05-18-48-04

 

「加熱」ボタンをポチッとな。

2016-11-05-18-49-15

 

最初は「加熱」の段階は「3」。ファンの音がそれなりにします。

2016-11-05-18-49-27

 

5分ほどでグツグツと煮立ってきました。

2016-11-05-18-54-13

 

さらに 5分ほど、肉をほぐし、全体が煮えるようにして完成です。

2016-11-05-18-58-48

「4」にすればもっと早くできるかもしれませんが、吹きこぼれそうなので「3」で正解ですね。

 

あとは「1」にして、最後まで熱々でいただきました!

2016-11-05-19-05-18

これは使えるので早速、IH対応の鍋を買わなきゃ!

 

さて、次はいよいよ肝心な「炊飯」に挑戦です。新米のミルキークィーンがどうおいしく炊けるか、こうご期待!

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場