吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

iDC大塚家具有明本社ショールームは東京ドーム 2個分の広さ

2014.08.12

9482 Views

有明で用事があり、ついでに「iDC大塚家具」のショールームに行ってきました。

スポンサーリンク

東京ドーム 2個分

立派なショールームなので少し敷居が高く感じたのですが、それでもせっかく近くまで来たのだから、とエスカレーターで昇ってみました。

20140812-02

 

すると立派な受付にフロアスタッフの方が何名もいて、女性スタッフから声をかけられました。

こちらのショールームは初めてでしょうか?こちらは東京ドームの 2倍の広さがありますので、まずは何をご覧になりたいかを教えていただければご案内します。

とのことでした。

 

ビルの 3階、4階、5階の全フロアを使い、各階ごとにグルッと回れるようになっていました。

20140812-04

 

各階をらせん階段でつなぐなど、なかなか洒落たショールームでした。

20140812-05

仕事部屋の次はリビング?

とりあえず仕事部屋は完成したのですが、そのおかげでリビングが寂しくなってしまいました。

20140812-03

 

そこで購入を検討中の大型 4K テレビを置ける台やソファーの応接セットなどを見たいかも…、と伝えたところ、素敵な女性スタッフが現れて案内してくれました。

うまく買わされるのではないかと心配したのですが、そんなことを一切、感じさせない接客で、なんだか楽しい時間を過ごすことができました。

 

一通り、ソファーや応接セットを見たのですが、どれも素敵ではありますが「ビビッ」とくるセットはありませんでした。

20140812-06

それでも、せっかく長時間、自宅にいるのだから、リビングも過ごしやすくしたいかも、と思うようになりました。

飽きずに机とイスをチェック

あとは自由にご覧ください、とのことだったので、いまさらですが仕事机やイスも見て回りました。

20140812-07

20140812-08

いやいや、さすがに充実した展示数です。

エンベロップデスクとは

そんな中で、これはいいと感じたのがハーマンミラー社の「エンベロップデスク」でした。

20140812-09

写真だと分かりにくいのですが、机の手前の部分がなだらかに下に曲がっており、そこに腕をのせたときの圧迫感のなさが素晴らしかったのです。

20140812-10

いまさら、この机を買うわけにはいきませんが、こういった「エルゴノミック」的なことも、少し追加で考えようと思いました。

それほど、腕を置いた感じがしっくりときました。

家具屋見学、楽しいかも

あとはせっかくなので、その東京ドーム 2個分をじっくりと楽しみました。

20140812-14

 

こじゃれたチューリップ椅子があって座ってみたのですが、値段を見て驚きました。41万円もするのだそうです。

20140812-11

 

こちらの展示ではリビングにはソファーではなく、ひとりでゆったりできるイスもいいかも、と感じさせられました。

20140812-12

 

あと、ベッド売り場は結構、壮観でした。

20140812-13

 

そんなこんなで、もちろんブランド物を中心に高額な家具もありますが、思ったよりもリーズナブルな感じがする商品も多く、とても現実感も夢見ることもできる「いいショウルーム」でした。

そして、いろんなヒントもいただいたので、これからの自宅改造の参考にしたいと思います。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場