吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

WordPressプラグイン「BackWPup」で Dropbox に自動バックアップ

2014.08.24

3272 Views

投稿数が100を超えると、さすがに WordPress のバックアップを取っておかないとヤバいと感じるわけです。

そこで検索して調べてみると「BackWPup」というプラグインが優秀そうなので、素直に導入してみました。

インストールするとメニューに「BackWPup」アイコンが追加されるので「Add new job」でバックアップの設定をします。

20140824-02

 

設定は各メニューごとに選んだり、入力していきます。

20140824-03

 

とりあえず、今回やってみた設定は以下の通り。

  • General
    • Job Name: なにごとも経験
    • Job Tasks: Database backup & File backup
    • Backup File Creation
      • Archive name: backwpup_all
      • Archive Format: Zip
    •  Job Destination: Backup to Dropbox
    • Log Files
      • Send log to email address: いつものメールアドレス
      • Email FROM field: BackWPup なにごとも経験
      • Errors only: ※ Errors only のチェックを外す
  • Schedule
    • Start job: with WordPress cron
    • Scheduler Type: basic
    • Scheduler: daily 3Hour
  • DB Backup
    • Tables to backup: all
    • Backup file compression: none
  • Files
    • Folders to backup: ※ すべてにチェック
    • To:Dropbox
    • Authenticate: Authenticated!
    • Folder in Dropbox: backup/
    • File Deletion: 5

「Save changes」ボタンを押すと設定が保存されるので、とりあえず「Run now」で1回やってみます。

20140824-04

 

まずはアーカイブを作り、圧縮し、Dropbox にアップロードされます。

20140824-05

 

投稿100本の私のブログ「なにごとも経験」で実行時間は681秒(約11分)かかりました。

20140824-08

警告やエラーもなく、無事に実行できたようです。

 

Dropbox を確認すると、容量約 265MBで保存されていました。

20140824-06

 

ちゃんと確認のメールも届きました。

20140824-07

これでDropbox にアップすることでクラウド上と、同期させた私のパソコン上にバックアップできたことになります。

あとは 3:00AM に自動でバックアップされるかどうか確認すれば、バックアップ設定は完了です。

 

この設定を調べているときに、以下のしっかりした記事を見つけました。

設定も、この記事を参考にしてみましたが、なによりも

実際にリストア作業をやってみなきゃ、安心はできない!

というところに「そりゃそうだ」と思ったわけです。

 

実は、現在のサーバーを別のサーバーに移行することを考えているのに、まだ実行できていません。

でも、そろそろ重い腰を上げないといけないので、そのときに否応なしに、この「BackWPup」によるバックアップを使ってちゃんと移行できるかを新サーバーで確かめる予定です。

 

とりあえず、まずは無防備だったバックアップを取って、今後は毎日、自動で取る設定ができた、ということで次に進みたいと思います。

追伸(2014/8/25)深夜3時に無事、自動バックアップが成功していました。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場