吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

新米の福井県産「ハナエチゼン」1kg を買って、炊いて、味わってみました

2017.09.22

10510 Views

もう一度「龍の瞳(りゅうのひとみ)」を食べようと「お米とお弁当のしろやま」に寄りましたが、昨年の分は在庫がなくなり、新米は 10月以降とのこと。

スポンサーリンク

新米の福井産「ハナエチゼン」を購入

そこでお店にあった29年新米から福井産「ハナエチゼン」を買ってみることにしました。

とりあえず 1kg 450円を白米に精米してもらいました。

 

お店のポップによると

福井県産 ハナエチゼン

コシヒカリに近い味で、しっかりとした食感が特徴です。

コシヒカリ(越)よりもいち早く(前)にハナ(華)を咲かせることから「ハナエチゼン」と命名。いち早くおいしい新米を食べたいと考えている方には評判のお米です。

とのこと。楽しみです。

 

「ハナエチゼン」のほかに千葉県の「ふさおとめ」「コシヒカリ」が新米として入荷していました。

全体的にはこの夏の天候不順で収穫が遅れているそうです。

さっそく「新米」モードで炊飯

こちらが「ハナエチゼン」。もちろん見た目では区別できません。

 

お約束なのでアップで撮影。きれいに精米されています。

 

比較的ですが「丸み」があるかもしれません。

 

久しぶりに「新米」設定で炊飯。銘柄は「こしひかり」。

 

これで2合。いい感じで炊けました。

まさしく「しっかりとした食感」

こちらがその日の昼ごはん。ニラ玉ベーコンもやし炒め with 春巻き。

 

確かに「しっかりとした食感」です。モッチリ感や甘味などは少ないです。

とにかく、ごはんを食べてる!って感じがします。

 

夕食ではカレーと一緒に。思った通り汁気のあるメニューとバッチリ!

 

しっかり系とモッチリ系の二種類を常備しておいて、メニューによって使い分けるというのもありですね。

なにはともあれ、今年初めての新米。おいしかったです。ごちそうさま。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場