自家焙煎コーヒー、デジタル機器など、何事も体験すると面白い!

スマホカメラレンズキット(マクロ・魚眼・ワイドレンズセット)400-CAM034 購入レビュー

2014.10.31

20486 Views

ブログを書くときは、なるだけ写真を入れようと思うのですが、スマホカメラなので単調な画像になりがちです。そこで面白い写真が撮れるかもと「カメラレンズキット」を買ってみました。

2,980円は少し高いとも思いましたが、サンワダイレクト楽天店で今月末まで有効のポイントもあったので、全部、ポイントで入手しました。

スポンサーリンク

ケースよりもキャップのほうがよかった?

なんだか立派な感じのケースに入って届きました。

2014-10-31 11.27.57

ケースよりもゴミが入りにくいキャップのほうがよかったかもしれません。

 

レンズは 3つのはずなのに 2つしかない?と思ったら、広角はマクロレンズと広角レンズを組み合わせていました。

20141031-02

結構、固く締まっていましたが、少し強めにひねったら外れました。

 

全部を取り外すとこんな感じです。

20141031-03

クリップの位置決めはかなり適当

クリップだから手軽だし、いろんなスマートフォンで使えるというのは確かです。

20141031-04

 

その反面、位置決めはかなり適当で、レンズキット側から覗いて、スマホのレンズが中心にくるようにしました。

20141031-05

クリップの奥とスマホのサイドを合わせることで多少は位置も固定できます。

 

私が使っているバンパー型のスマホケースでは、クリップが少し浮いた感じになりますが、まあ、仕方ないところです。

20141031-06

広角レンズはそれなり

一番、期待していたのは「広角レンズ」でした。少し引いて撮っても全体が入りきらないときには使えるかな?と思ったわけです。

たとえば仕事部屋の写真で全体を一枚に収めるのは難しいです。

20141031-07

それを同じ場所から広角レンズを付けて撮ってみました。

20141031-08

蛍光灯からペンギンクッションまで入ったので、それなりの効果はあるといっていいでしょう。

旅先で画面に収まらない風景のときなどに使えるかもかもしれません。

魚眼レンズ、マクロレンズは被写体しだい

魚眼レンズ、マクロレンズで、とりあえずミニチュアの車を撮ってみました。

20141031-09

 

確かに魚眼レンズはいつもと違った写真を撮ることができます。

20141031-11

 

マクロレンズもそこそこアップ撮影ができます。

20141031-10

こまかいホコリまで映っています ^^; 小さいもののアップを撮影するときには有効でしょう。

要するに、あとはいかに面白い被写体を見つけるかにかかっているようです。

行き場のなかった望遠レンズが再生

実は、このレンズキットにはもう一つ期待していることがあって、以前に買った望遠レンズもクリップのネジ部分に取り付けられると思ったのです。

20141031-12

この望遠レンズ、iPhone 4S のケースとセットだったのですが、そのケースが気に入らず、さらに iPhone 5s にはそのケースも合わないので、結局、使わずじまいというもったいない状態でした。

 

案の定、ネジはうまく合いました。

20141031-13

 

比較のため、最初に広角レンズで撮った位置から机の上を望遠レンズで撮影してみました。

20141031-15

 

撮れた写真がこちら。まあ、おもちゃとしては十分でしょう。

20141031-14

ということで、試行錯誤は必要な気もしますが、単調なスマホ撮影にバリエーションが増えたのは嬉しいです。

あとはアイデア次第です。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

スポンサーリンク