吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

「よなよなビアワークス 吉祥寺店」の日替わりビール付きランチ「ビアワークスグリル」をいただく

2016.07.08

5783 Views

吉祥寺ランチ」で「元町通り」に春ごろオープンした「YONA YONA BEER WORKS 吉祥寺店」を訪ねました。

スポンサーリンク

いかにもビアホールの佇まい

お店はサンロードと東急百貨店をつなぐ「元町通り」で、百貨店に向かう左手の地下一階で「りそな銀行」の手前です。

2016-07-05 13.33.38

正面にビール樽を並べて、いかにもビアホールの佇まいです。

武蔵野市吉祥寺本町1-8-10 吉祥寺ビル B1
●11:30-15:00、17:00-23:00(土日祝は 11:30-23:00)

以前、鶏料理のお店があったのですが、一度も行かないうちに「よなよなビアワークス」になっていました。

店に入ると、右手に長いテーブル席が何本かあり、左手にグルっとカウンター席、さらに奥まで結構なキャパがあるようです。

ランチは「日替わりビール(小)」付き

こちらがランチメニューの看板。イチオシっぽい「ビアワークスグリル(1,500円)」以外にも「チョップドサラダ(1,300円)」などもあります。

2016-07-05 13.33.28

 

そしてなんといってもポイントは

INCLUDING 1 BEER & 1 DRINK
日替わりビール(小)& 1ドリンク付き

昼からビールというわけです。

 

店内に入って詳しく見ると「ビアワークスグリル」のメインディッシュは

  • オリジナルソーセージ
  • ローストチキン
  • 大麦牛ステーキ

の3種類。「大麦牛ステーキ」は売り切れで「ローストチキン」にしました。「オリジナルソーセージ」もビールに合いそう!

2016-07-05 13.35.23

「少しお時間をいただきます」とのことでしたが、ここまできて帰れません。

ランチビールは本当に「ひと口」サイズ

そして約 20分して「ビアワークスグリル」が登場!メインのほかにスープ、サラダ、15穀米、デザートと結構なボリュームです。

2016-07-05 13.58.33

テーブルの照明が極端な電球色で、写真の色が凄いことになっています。

 

こちらが「日替わりビール(小)」で、とっても小っちゃいです。紙のメニューを読み直すと「ひと口ビール」と書かれていました。

2016-07-05 13.59.22

なるほど、これが「よなよなエール」なのね、という味わいでした。独特の酸味があり、それほど苦くはありません。

ローストチキンはおいしく焼けていた

鉄板にローストチキン、グリル野菜、フライドポテト、クリームドスピナッチが乗っており、それぞれおいしかったです。

2016-07-05 13.58.39

まあ、1,500円なので、ある程度は当然ですけど。

 

ありきたりの表現ですが、皮はパリっと、肉はジューシーな仕上がり。

2016-07-05 14.00.30

個々の料理のレベルは高いと感じました。

オリジナルビールの銘柄もいろいろ

あとは残しておいたデザートと食後にお願いしていたコーヒーでまったり。

2016-07-05 14.20.42

 

メニューを見ていると、いろんな銘柄のビールを作っているようです。「驚愕の苦味」という「INDO NO AOONI(インドの青鬼)」は気になります。

2016-07-05 13.37.03

3種 飲み比べ(1,280円)もあるようですが、量を減らして 980円くらいにすればいいのに…。

 

なにはともあれ、料理のレベルは結構、高いというか、おいしかったと思います。ローストチキンはとても気に入りました。

ごちそうさまでした。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場