吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

「薩摩 牛の蔵(うしのくら)」吉祥寺店で数量限定の「オススメランチ」を楽しむ

2017.02.03

4578 Views

吉祥寺ランチ」で、ふと焼肉が食べたくなったので以前から気になっていた「牛の蔵(うしのくら)」に行ってきました。

スポンサーリンク

煙臭くない綺麗な焼肉屋さん

お店は吉祥寺駅北口を降りて左に「平和通り」から「中道通り」と進み、「西三条通り」で右折。「昭和通り」を越えると左手のビル地下1階にあります。

同ビル1階に「するり吉祥寺店」が入っています。

武蔵野市吉祥寺本町2-16-18 リベストフォーラム1ビル B1F
●11:30-14:30、17:00-23:00(土日祝は 11:30-23:00、ランチは 15:00まで)

店内は綺麗で、煙の立ち込める私の勝手な焼肉屋さんのイメージとは違います。

ひとり焼肉のランチでも個室

店に入ると 4名ほどで使える個室に案内されました。どうやら全室個室のようです。鉄板の真上に煙の吸引口があり、なるほど店内が煙くないわけです。

お肉の色を綺麗に見せるためか、鉄板にはスポットライトも!

 

「お昼のお品書き」を見ると「薩摩ランチ」はカルビ、ホルモン、鶏もも、豚カルビで 1,500円(税込)とリーズナブル。記念日には「極みランチ(3,000円)」もあり。

でも、今日は「オススメランチ(2,200円)」にしてみました。

しっかりとしたランチのセット

まずはサラダと前菜(キムチとナムル)が登場。お茶は「びわ茶」だそうです。

いかにも韓国風のサラダは量もほどよいです。

 

そしてこちらがお肉とごはん&味噌汁。ごはんは大中小から選べます。ちなみに私は中です。

 

色鮮やかなお肉がおいしそう!お店の人によると左から上ハラミ、ツラミ、ハツ、タンカルビ、タン塩とのこと。

ツラミというのは初めて食べます。調べると「頬肉」のようです。

「タンカルビ」も初耳ですが、確かに白い部分でカルビっぽいかも。

いろんな部位の味と食感を楽しむ

まずはハラミとツラミ。なるほどライトアップされて綺麗です。

ほどよい厚みで、サイズもひと口で食べるのにちょうど。

 

どれくらい焼けば正解か分かりませんが、少し赤みが残る状態でパクリ!ハラミは牛肉のうまみが口の中で広がります。

ツラミは歯ごたえもあり、噛むほどに味わえました。頬肉と知って納得。

 

タンカルビとハツ。タンカルビは確かに牛タンの味ですが、さしが入っている分、柔らか。タンカルビとはよく言ったものです。

ハツはレバーっぽくもありますが、より歯ごたえがある感じ。

 

そしてタン塩。薄い塩味が付いていてコリッとうまいです。

量は若い人にはもの足りない?でも、私の年齢ならランチはこれくらいでOK。

 

一般のメニューを見ると「鹿児島黒毛和牛盛り合わせ」もおいしそう。

落ち着ける個室なので、家族や仲間、カップルで焼肉を堪能したいときにはいいかも。どうも、ごちそうさまでした。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場