吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

井の頭通り沿いの創作フレンチ「SIZZLE(シズル)」で岩中豚と鎌倉野菜の鉄板焼きランチコースを堪能

2017.05.30

4426 Views

今回、訪れた「SIZZLE(シズル)」は「吉祥寺ランチ」に含めるには少し遠いですが、住所は「吉祥寺本町」なのでアリでしょう。

スポンサーリンク

徒歩だと三鷹駅と吉祥寺駅の間くらい

お店は「井の頭通り」沿いにあり、徒歩なら三鷹駅からでも吉祥寺駅からでも同じくらい遠くて、そこそこの距離になります。ちなみに駐車場はありません。

近隣のお客さんも多いようで、お店の周りには自転車が目立ちます。

武蔵野市吉祥寺本町3-26-11
●11:30-15:00、18:00-22:00 火曜休

ほどよく選べるランチコースメニュー

ランチコースには「メニューA(1,200円)」「メニューB(2,000円)」「ステーキランチ(2,900円)」「シェフスペシャルコース(5,000円)」があります。

メインの選択で料金追加されるものもあり、幅広く選べます。

 

今回は「メニューB(本日の前菜 5点盛合わせと本日のデザート付き)」を選択。

5つのメインから 3番の「本日の銘柄豚と鎌倉野菜の鉄板焼き」をチョイス。ここにパンとコーヒー(or 紅茶)も付くのだから素晴らしい。

個性豊かな「前菜 5点盛合わせ」

こちらが「前菜 5点盛合わせ」。見た目にも味わいも個性豊かで楽しい!

細かくは間違いもあるかもしれないけど

  • コーンの冷製スープ
  • カツオのカルパッチョ
  • ズッキーニのイクラきゅうり乗せ
  • お漬物
  • ラグー(お肉とお豆?)
  • 鎌倉野菜と生ハム

それぞれが違ったおいしさを楽しめます。

 

冷製スープは飲みやすく、スッキリとしたコクがあり、カルパッチョはプリッと新鮮で添えられたソースも美味。

 

思わずパンでソースを残さず味わいました。パンはお替り自由。

ズッキーニと漬物も味と歯ごたえがアクセントとなり、ラグーもほどよいボリュームが嬉しい。

鉄板で焼かれた岩中豚と鎌倉野菜

そしてこちらがメイン。豚肉を個性豊から鎌倉野菜が取り囲み、見ているだけでも楽しい一皿。

お肉と野菜が鉄板でほどよく焼かれ、香ばしく、素材の味が生かされています。水分の多い野菜は噛むとジューシーさが溢れます。

 

そして豚肉は「岩中豚(いわちゅうぶた)」。岩手中央畜産が生産する銘柄豚だそうです。

カレーとスパイスを合わせたソースが絶妙。一緒に添えられた岩塩を付けてもおいしく、おかわりパンでソースも含めて残さず堪能しました。

デザートまで、すべてがおいしい

デザートは自家製プリンとシャーベット。甘すぎないカラメルソースにボリュームのあるプリン。さっぱりとしたシャーベットと相性バッチリ。

 

少し苦みのあるコーヒーをいただきながら素敵なランチタイムが終了。

 

最後まで、どの料理も実においしく、これで税込 2,160円はありがたいです。駅から遠いのに大繁盛も納得。ごちそうさまでした!また来ます。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場