吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

ウガンダ産のコーヒー豆「Sipi Falls(シピフォールズ)」をいただく(UCCカフェメルカード)

2019.07.10

672 Views

吉祥寺「UCCカフェメルカード」では初めてのウガンダ産コーヒー豆である「シピフォールズ」を見かけたので買ってみました。

スポンサーリンク

いつの間にかウガンダ産も 4銘柄目

以前はウガンダ産のコーヒー豆なんて聞いたこともなかったのですが、いつの間にか 4銘柄目になりました。

「ロブスタの木」はロブスタ種ですが、アラビカ種も出回ってきた感があります。

 

2017年の「世界のコーヒー豆 生産量 国別ランキング」で「ウガンダ」は 10位。

「エチオピア」に次いでアフリカでは 2位なのです。

実際にある観光地の滝「Sipi Falls」

UCCでもらった資料に場所の情報がありました。

Uganda Sipi Falls(ウガンダ シピフォールズ)

ウガンダ東部エルゴンに設立されたウェットミル。山麓周辺生産者からチェリーを直接買い付けています。

以前の「ブルーナイル マウントエルゴン」のエルゴンと同じと思われます。

 

Wikipedia に「東部地域 (ウガンダ)」の情報があり、そのエリア内に「Mount Elgon」があります。

さらに「Sipi Falls」で検索するとありました。

「Mount Elgon National Park」の北にあるようです。

ここで採れるというよりは有名観光地名を銘柄名にしたようです。

いつの間にかウガンダ産も 4銘柄目

焙煎はやや深めの中煎り。サイズはやや小ぶりな豆が目立ちます。

 

蒸らしの膨らみも UCC にしてはまずまず。

 

味は酸味少なく香ばしい苦味があります。確かにアイスコーヒーにしてもよさそうです。

冷めても美味しくいただけました。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場