吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

吉祥寺の末広通りにある「そば処 しなのや」は丼からラーメン、定食まである「町のおそば屋さん」

2018.11.25

394 Views

吉祥寺ランチ」巡りで「末広通り」を歩いていたとき、昼も営業している「しなのや」というそば屋を見かけたので入ってみました。

スポンサーリンク

いかにも「町のおそば屋さん」という感じ

お店は吉祥寺南口を出て左に進んで「ヤマダ電気LABI」前の信号を渡って「末広通り」に入り、結構、歩くと右手にあります。

「そば」のアピールも少なく、いかにも「町のおそば屋さん」という感じ。

武蔵野市吉祥寺南町2-20-4
●11:00-20:30、日曜休

通りの向かい右手には「菘(すずな)」があります。

自家製の「手打風」というのはどんな麺?

メニューは幅広く、なんとラーメンや牛焼肉定食まであるようです。

「かけ」「もり」550円、「ざる」650円とのこと。

 

さすがに「もり」だけでは寂しいので「かつ丼セット(1,050円)」をチョイス。

セットは「かけ」「たぬき」「きつね」「もり」「ざる」より選べるとのこと。それで値段は一緒なの???とりあえず「もり」でオーダー。

 

メニューには一応、麺の説明がありました。

自家製で「手打風」の意味がよく分かりません。

ボリュームのある「かつ丼」と「かけ」そば?

6分ほどして「かつ丼セット」が登場。これって「かけ」じゃないのかな?

 

でもまあ、お腹も空いていたし、同じ「そば」だからいいけど…。

細麺で均一な太さ。いかにも機械で製麺した感じ。

 

細くてもコシがあって、普通においしくいただけます。

 

かつ丼もボリュームがあって、まずまずのお値打ち品。

定食メニューもあるので、町のそば屋さんとしては十分にありなのでしょう。ごちそうさま。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場