自家焙煎コーヒー、デジタル機器など、何事も体験すると面白い!

エチオピア産のコーヒー豆「グジ シャキッソ」を深煎りでいただく(なつみ珈琲店)

2020.12.26

244 Views

久しぶりに「武蔵境」に出かけたので、これまた久しぶりに「なつみ珈琲店」に立ち寄ってみました。

スポンサーリンク

相変わらずの自家焙煎珈琲豆専門店の佇まい

お店は JR武蔵境駅北口を北に歩くとぶつかる「亜細亜大学通り」を渡って通り沿いに左折、しばらく歩くと右手にあります。徒歩で 5分位です。

店構えといい、店内の雰囲気といい、5年前に訪問したときと変わっていません。

武蔵境の自家焙煎珈琲豆専門店「なつみ珈琲店」で「グァテマラ アンティグア “La Cupula”」を購入

しっかりと固定客を掴んでいらっしゃるのでしょう。

武蔵野市境2-7-2
●昼頃から 20:00(日祝 18:00) 不定休

エチオピア グジ シャキッソ Tade GG農園

特に珍しい国や銘柄があるわけではありませんが、「インドネシア マンデリン」「エチオピア グジ」「グァテマラ アンティグア」「ブラジル サンアントニオ」など、有名どころはきちんと並んでいます。

 

今回はその中から「エチオピア グジ シャキッソ Tade GG農園」をチョイス。

 

Googleマップで「エチオピア グジ(Guji)」で検索すると、ここだと表示されました。

情報不足で確定はできませんが、近くに「シダモ(Sidamo)」もあるので、それらしい場所ではあります。

こんな記事もありますね。

1995年以前の「シダモ州」と現在の「シダマ地方」は、地理的に一致していないそうです。

オイルがにじむほどの深煎りもたまにはいい

袋もシールも渋いです。

 

コーヒーオイルが滲み出て黒光りする、いかにもな深煎り。

 

蒸らしの膨らみはほとんどありませんが、落ち着くような焙煎の香りです。

 

しっかり苦味を感じながらもコクもあり、この味わいも好きです。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

スポンサーリンク