吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

コンゴ産のコーヒー豆「ペイザンヌ組合」を味わう(カルディ コーヒーの旅)

2018.08.18

850 Views

カルディ」のコーヒー豆売り場で「コンゴ」産を見つけたので買ってきました。

スポンサーリンク

コンゴ産のコーヒー豆もこれで 3銘柄目

珍しいと思っていたコンゴ産のコーヒー豆ですが、これでもう 3銘柄目。

徐々に生産者や生産量が増え、品質が向上しているのかもしれません。

 

カルディは「コーヒーの旅」シリーズと銘打って、世界中のコーヒー生産地からバイヤーが選び抜いたスペシャルティコーヒーを届ける企画とのこと。

カルディコーヒーファームが見つけた「コーヒーの新しいおいしさ」を、生産国からの「風味の小包郵便物」として、皆さまへお届け致します。

 

昨年10月からシリーズは始まっていたようですが気が付きませんでした。

第 1弾が「エチオピア カッファ」で、今回の「コンゴ」が第 5弾のようです。

第 2弾「ブラジル パッセイオ農園
第 3弾「ニカラグア ブエノスアイレス
第 4弾「ジャバ フリンサエステート
第 5弾「コンゴ ペイザンヌ組合

次回はコロンビアだそうで、今後は事前にチェックしておきたいです。

北キブ州ビュトンボにある「ペイザンヌ組合」

「風味の小包郵便物」ということで切手をイメージした説明文のシールがおしゃれ。

 

「北キブ州ビュトンボの生産者組合」ということで「ビュトンボ」を Googleマップで検索すると、ばっちり見つかりました。

いままでの「ミノヴァ農園」と「サプールファルコン」は「キブ湖」周辺でしたが、今回はそれよりもかなり北です。

 

「カルディ」の公式サイト情報によると

ペイザンヌ組合のつくるコーヒーは、標高1410-2080メートルの高地、年間気温17℃-30℃のアラビカコーヒーの生育に適した環境の中で育てられました。赤く熟したチェリーだけがハンドピックされ、水洗式で精選された後、アフリカンベッドで乾燥されます。グリーンティのように柔らかくバランスの良い甘い口当たり。浅煎りに仕上げたことで、オレンジピールの爽やかな風味、チョコレートのまろやかさ、後味にシリアルの軽やかな香ばしさが楽しめます。

– 【焙煎珈琲】コンゴ ペイザンヌ組合/200g | カルディ

ということで楽しみです。

少しハーブティーを思わせる軽やかな酸味

早速、封を切ってみましょう!ほのかに香ばしく、そこそこの浅煎り。サイズはすこし小ぶりかな。

 

蒸らしの膨らみはあまりなく、焙煎後、ある程度の時間は経っている様子。

 

浅煎りのためか酸味はしっかりあります。後味で甘みもわずかに感じます。

少しハーブティーを思わせる味わいで、ちゃんとおいしいです。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場