自家焙煎コーヒー、デジタル機器など、何事も体験すると面白い!

2020年の初コーヒーはタンザニア産「オルディアニ」をいただく(すずのすけの豆)

2020.01.03

726 Views

新年の初コーヒーは昨年末に「すずのすけの豆」で仕入れた「タンザニア オルディアニ」をいただいています。

まあ、見た目では区別はつきませんけど。

スポンサーリンク

「すずのすけの豆」は新年1月5日までお休み

昨年末も「すずのすけの豆」のマスターは店舗営業後に夜なべで焙煎作業、というハードワークを繰り返していました。

お店は新年は 1月5日までお休み。ぜひ、ゆっくり過ごしていただきたいです。

 

そんなこともあって、忙しすぎて「タンザニア オルディアニ」の説明文は用意する時間がなかったとのこと。

いつもの豆を入れる袋も在庫切れで、縦長の袋になっていました。

コンパクトに収まる分、同じ 200g なのに量が少なく見えてしまいます。

タンザニア「オルディアニ村」の「カラトゥ農園」

「タンザニア オルディアニ」で検索すると情報がありました。

オルディアニ(Oldeani) カラツ農園(Karatu Estate)はタンザニア北部ンゴロンゴロ(Ngorongoro)クレーターの斜面に位置する、カラツ地方オルディアニ村にあるコーヒー農園です。

ワールドビーンズショップ / タンザニア オルディアニ AA++

「ンゴロンゴロ」といえば、先日、飲んだ銘柄名なので、エリアは近そうです。

Googleマップの検索で「オルディアニ」では見つかりませんでしたが「oldeani(オルデアニ)」で山が見つかりました。

「カラトゥ」地方で「ンゴロンゴロ保全地域」にも近く、この辺りで間違いないでしょう。別のページにも「オルディアニ」の情報がありました。

カラトゥ農園で栽培される品種はブルボン種とケント種です。タンザニア産のコーヒー豆は柑橘系の酸味と甘み、そして濃厚なコクが特徴ですが、標高が高い所にあるこの農園は、昼と夜の寒暖の差が大きく、それらの特徴が顕著に表れるため、タンザニア最高峰の農園と言われています。

[タンザニア産]オルディアニ AA++ | コーヒー・レコード

「タンザニア最高峰の農園」とのこと。楽しみです。

典型的な「おいしいコーヒー」を楽しむ

中煎り。サイズはやや小粒。おいしそうな甘い香り。

 

蒸らしの膨らみはお約束通り。

 

淡い酸味とほどよいコクにあとから感じる甘味、という「それは、いつも通~り」のコメント。要するに、このコーヒーもおいしいということです。

さて、タンザニアを皮切りに、2020年はどんな国の、どんなユニークなコーヒーを味わえるのか、いまから楽しみです。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

スポンサーリンク