吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

吉祥寺 五日市街道沿いの老舗「中清(なかせい)」で生粉打ちそばの「天せいろ」をいただく

2018.11.06

349 Views

吉祥寺ランチ」で「そば」をテーマに「ほさか」「日和り」「砂場」「善左衛門」「よしむら」「神田まつや」と訪ねて、次は「中清(なかせい)」です。

スポンサーリンク

「五日市街道」沿いにある老舗のそば屋

お店は「吉祥寺大通り」から「五日市街道」沿いに「成蹊学園」方向に進むと左手にあります。吉祥寺駅からだと結構、歩きます。

 

壁には日本酒の銘柄が貼られてあり、そばと日本酒のお店という風情。

武蔵野市吉祥寺本町4-4-15
●11:30-22:00 水曜休

お約束のようにメニューが分かりにくい

メニュー先頭には「あずませいろ」「さとせいろ」とありますが、よく分かりません。「さと」は「里」で「田舎そば」なのかな?

 

ページをめくると、ちゃんと「あずまそば(更科系)」と「さとぞば(田舎系)」は写真付きで説明がありました。

いずれも横に手書きで「二八そば」とも書かれており、違いが分かったようで分かりにくい。

 

これまで訪ねたそば屋では天ぷらと合わせることが多かったので「天せいろ」を頼んでみることにしました。そのときに

「天せいろ」は「あずませいろ」ですか?「さとせいろ」ですか?

と尋ねてみたら

『生粉打ちそば』です。

とのこと。ますます分かりにくい…。

 

「生粉打ち」についても説明があり「そば粉100%」のようです。

そして「うどん粉二分、そば粉八分」が「二八そば」ということ。

 

ところがメニューには「そばは外2」と書かれていました。

気になって調べたら、こんなページがありました。

なるほど。「うどん粉:そば粉」が「2:10」が「外2」ですね。その割合でも「二八そば」と呼ぶみたい…。

そばの風味がたっぷりの「生粉打ち」そば

なにはともあれ、15分ほどして「天せいろ」が登場。小鉢付き。

 

これが「生粉打ちそば」ですね。口にするとそばの風味がしっかり。

多少ボソッとした感じもありますが、出汁につければスルッといけました。

 

天ぷらも上手に揚がっています。海老も魚もちゃんとしています。

 

そば湯をすすりながら、吉祥寺にも結構、そば屋があることを実感。

「生粉打ちそば」おいしかったです。「あずませいろ」も食べてみたいかも。ごちそうさま。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場