吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

「MONTANA(モンタナ)」が「カリーつけ麺」専門店にリニューアル(吉祥寺ランチ)

2018.05.21

1167 Views

「MONTANA(モンタナ)」は人気のカレー店でしたが、リニューアルで「カリーつけ麺」専門店に変わったので「吉祥寺ランチ」として再訪してきました。

以前のレポートとオシャレな店構えはこちら。

個人的には以前のままでもよかった気はするのですが…。

スポンサーリンク

場所は変わらず「中道通り」入ってすぐ

もちろん、お店の場所は変わらず、JR吉祥寺駅北口を出て左に折れて「平和通り」から「中道通り」に進み、右手にある 2つめの角で折れたところです。

白い「のれん」が印象的。店内はカウンターとテーブル席で以前と同じ。

武蔵野市吉祥寺本町 2-10-2 本町田中ビル 1F
●11:30-15:00/16:00 月火定休

「辛さエフェクト」が少し分かりにくい

どうやら「カリーつけ麺」と「肉カリーつけ麺」の二択で「肉」は「ローストポーク」のようです。

せっかくなので「肉カリーつけ麺」にしました。

 

さらに辛さは「辛さエフェクト」として 7段階から選べるようですが、説明書きがイマイチ分かりにくい。

とりあえず「2」の「DELAY(ディレイ)」にしてみました。

あとから追いかけてくる、程よい辛さ

これで、どれくらい辛いか分かるでしょう。

メニューを絞ってオペレーションを効率化

大きな鍋にスープを作りおきして、中華鍋で調理して、並行して麺をゆでる、というシンプルなオペレーション。

 

先に「つけスープ」を用意して。

 

麺は上にローストポークを載せてバーナーであぶるようです。

これなら調理はひとりで回せそうです。

辛さは「2. DELAY」では少し物足りない

注文して約 6分で登場。「自信作」という「ローストポーク」がおいしそう!

 

スープは魚介系のダシ?辛さ「DELAY」は私には物足りませんでした。

 

麺は太め。ストレートですがつけ汁にはうまく絡みます。水菜は見た目にも味的にもよいアクセント。

 

ローストポークはやわらかく、さっぱりおいしくいただけます。

 

スープの中にもチャーシュー(?)が入っており、味が染みておいしい。

 

スルスルっといただけました。まあ、「つけ麺カリー」はおいしかったですが、個人的には以前の豊富なメニューのほうが好みではあります。

ちなみに今までのカレーは姉妹店の「うさぎ館」で出しているとのこと。

あの「カリーライス」が好きだったのは私だけではなさそうです。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場