吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

インド産のコーヒー豆「モンスーンAA」をいただく(珈琲や 東小金井工房)

2019.07.25

248 Views

東小金井駅の高架下にある「珈琲や 東小金井工房」で気になっていた「インド モンスーンAA」を焙煎してもらいました。

スポンサーリンク

「モンスーン」という名前が気になっていた

インド産コーヒー豆は 3銘柄目。これまでは農園名の銘柄でした。

でも今回の「モンスーン」はどうやら「精製方法」のようです。

検索すると、こんな情報がありました。

水洗処理していない高級アラビカ・コーヒーを風通しの良い倉庫で広げ4~5日乾燥させます。 そして、時々かき混ぜ、袋に詰めていくつもの列に並べます。

列と列との間は十分にひろげモンスーンがコーヒーの列を絶え間なく、均一に吹き抜けるようにします。1週に一度コーヒーを袋から出して詰め替え6~7週間経つとコーヒーは黄金色に代わり、インド産のコーヒー豆は輸出が少なく、多くが国内で飲まれています。

インド モンスーン | コーヒー豆の焙煎・販売 GreenBeans

本当にモンスーン(貿易風)を利用しているとは思いませんでした。

マラバールはインド南部のコーヒー生産地域?

先ほどのサイトで「マラバール」についても書かれていました。

マラバールは、インド南部のコーヒー生産地域の名前です。

Googleマップで「マラバール」と検索すると日本のインド料理屋さんがヒットして苦笑い。

 

「Malabar」で Google検索してもズバリは見つからず、Wikipedia に「Malabar Coast(マラバル海岸)」がありました。

India Malabar Coast locator map

確かに「インド南部」ではあります。

この苦味が「モンスーン」製法の味わい??

なにはともあれ飲んでみましょう。少し色むらがありますが、サイズは中くらい。

 

蒸らしの膨らみはバッチリ。

 

最初に淡い酸味、そのあとしっかり苦味、あとからほのかな甘み、という「おいしい苦味」の味わえる一杯です。

これが「モンスーン製法」のためかは分かりませんが、これはこれでおいしくいただけました。

 

こちらの記事もいかがですか?

 

 

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場