吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

カメルーン産のコーヒー豆「モカ ジョーズ」を味わう(キャピタルコーヒー吉祥寺店)

2018.08.09

216 Views

「キャピタルコーヒー東急吉祥寺店」では、毎月、限定の「今月のグルメコーヒー」が販売されますが、8月は「カメルーン モカジョーズ(Mocha Joe’s)」。

スポンサーリンク

カメルーン産も気が付くと 3銘柄目

「カメルーン」といえば日韓ワールドカップを思い出してしまいますが、コーヒーの産地としては知られていないのですが、意外ともう 3銘柄目になります。

説明文で分かるのは「創業者」の名前くらいで、エリアや農園名の情報はありません。

創業者のピエール・カピ氏は、コーヒーを消費する側だけでなく、生産する側の人々の生活も良くしたいと思い、カメルーンやニカラグアの産地や農園の方々とのダイレクトトレードの実現に向けた活動を開始しました。
口当たりはマイルドで、かすかな酸味があります。後味にナッツやチョコレートのような余韻が感じられます。

 

検索するとキャピタルコーヒーのサイトにもう少しだけ情報がありました。

  • 生産国:カメルーン
  • 地域名:カメルーン オク地区
  • 農園名:モカジョーズ契約農園
  • 標 高:1600m-2200m
  • 精製方法:水洗式(セミウォシュド)
  • 品 種:Java II, Boyo

カメルーン北西部州オク(Oku)地区

早速、Googleマップで「カメルーン オク」を探しましたが見つかりません。

 

そこで、さらに検索して以下の記事にも生産地「オク」の情報を発見。

アラビカ種の主な生産地は、西部州および北西部州の標高1,000~2,400メートル地帯の、バフサン、ブダ、フンバン、ドンガ・マトゥン、ボヨ、モモ、オク、サンタなどです。

 

ここから「西武州」「北西部州」に絞って「オク」を探してみると「Oku」がありました。

 

逆に「Cameroon OKU」で検索するとビンゴ!

「Mocha Joe’s」の名前も出てくるので「ここ」で間違いなさそうです。さらに詳細ページもありました。

どうやら「ピエール・カピ氏」は「Mocha Joe’s Roasting Co.」の創業者のようです。そして「Mocha Joe」はお店のキャラクターなのでしょう。

コーヒー大好き「Mocha Joe」って感じ?

甘い香りとほどよい酸味がおいしい

なにはともあれ飲んでみましょう。サイズは標準的かな。

 

蒸らしの膨らみは寂しいですが、なかなか良い香りです。

 

ほどよい酸味と後味で、おいしくいただけました。

カメルーン、今後が楽しみですね。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場