吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

吉祥寺ハモニカ横丁の「餃子みんみん」でも「餃子」と「中華そば」のコラボを楽しむ

2019.09.19

531 Views

吉祥寺ランチ」のラーメン特集ですが、せっかく「一圓」も追加したので、餃子つながりで「みんみん」にもラーメンを食べに再訪してきました。

スポンサーリンク

「ハモニカ横丁」の人気店「餃子みんみん」

「餃子みんみん」は「ハモニカ横丁」で「ハモニカキッチン」と同じ「中央通り」にあって「ダイヤ通り」寄りです。

「餃子ライス」狙いの若者や「餃子とビール」を注文するおじさんもいて、相変わらず賑わっています。

武蔵野市吉祥寺本町1-1-9
●11:00-21:00 無休

10月の消費税アップで料金改定が気になる

前回(2015年2月)訪問して約4年半、餃子は 430円から 470円になっていました。

10月の消費税アップで値段を改定すると貼り紙があったので気になります。

とりあえず今回は「中華そば(700円)」と「餃子(470円)」をオーダー。ランチとしては決して安くはありませんが、やはり「みんみん」で餃子は外せません。

「中華そば」と大きめ「餃子」の最強コラボ

まずは「中華そば」が登場。見るからに昔ながらのラーメンです。

 

すぐあとに餃子も出てきました。いつもながらボリューミー。

 

まあ、間違いなく最強コラボではあります。

「中華そば」と「餃子」で最後まで飽きない

スープは醤油味。「一圓」よりも濃い目かな?でも重くはありません。

 

太さは普通のちぢれ麺。柔らかすぎず、ほどよい弾力。

 

一方の餃子ですが、モチっとした皮に少しカリッとした焦げ目。餡もたっぷりでおいしいです。

ラーメンと一緒に食べると最後まで飽きずにいけます。

 

「中華そば」として目立った特徴はないけど、トッピングもひとつひとつおいしいです。

 

ということで、やっぱり完食。餃子があると飽きずに最後まで行けますね。

ごちそうさまでした。人気店なのは分かります。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場