吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

「麺屋 海神」で魚介の滋味を味わえる吉祥寺店限定「あら炊き はまぐりらぁめん」をいただく

2019.05.03

397 Views

吉祥寺ランチ」のラーメン特集は「春木屋」「青葉」「ぶぶか」「ホープ軒本舗」の次は「麺屋 海神(かいじん)」をチョイス。このお店も知っていましたが入って食べるのは初めて。

スポンサーリンク

「井の頭街道」沿い「魚がし日本一」と同じビルの 2階

お店は吉祥寺駅南口を出て「丸井」に向かう途中で「井の頭通り」を渡る前に右折してすぐ右手の「くまもとビル」2階にあります。

1階「魚がし日本一」の向かって左にエレベーターがあります。階段は綺麗でないので 2階でもエレベーターを使いましょう。

武蔵野市吉祥寺南町1-5-9 くまもとビル 2F
●11:00-23:00

「へしこ焼きおにぎり付き」のポジションが分かりにくい

ランチメニューはなく「あら炊き塩らぁめん」がメインのようです。写真は「へしこ焼きおにぎり付き」で 980円。おにぎりなしで 830円。

50円増しで「辛塩らぁめん」もあるようです。

 

それでも「吉祥寺店限定」の「あら炊き はまぐりらぁめん」にしてみました。こちらは「へしこ焼きおにぎり付き」がサブの扱いで分かりにくいです。

正直、上から紙を貼リ足すのではなく、ちゃんと印刷し直して欲しいものです。

 

やはり野菜不足になりそうなので「水菜」をトッピングで頼んでみました。

すると「あら炊き はまぐりらぁめん」には「水菜」も載っているとのこと。でも「増してください」と注文しました。

「はまぐり」とあら炊きスープでさっぱりラーメン

5分ほどで「あら炊き はまぐりらぁめん」の「水菜」増しが登場。

写真と違って「はまぐり」は2つ。メニューを見直すと

写真と異なり、大きい蛤を2つ使用しています。

と手書きの付箋が貼られていました。印刷し直しましょうよ、本当に。

 

気を取り直し、まずはスープ。透明で程よい塩味の中に魚介の旨味を感じます。

 

少し細め(?)の縮れ麺はボリューム感は少なく「へしこ焼きおにぎり」を付けたい気持ちが分かりました。

 

「はまぐり」はさすがに大きくてプリッと肉厚があり、おいしかったです。

スープをベースに海の滋味が伝わり、脂っぽさもないので女性に嬉しい一杯。ごちそうさまでした。

余計なお世話ですが、メニューは作り直したほうがいいですよ。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場