吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

「吉祥寺 真風(まじ)」でおすすめの「鯛塩」らーめんはスープがマイルドでとても味わい深い

2019.05.28

628 Views

吉祥寺ランチ」のラーメン特集ですが、行くたびに行列ができていた「吉祥寺 真風(まじ)」に意外とスッと入れたので食べてきました。

スポンサーリンク

思っていた以上に「末広通り」はラーメン通り

お店は吉祥寺駅南口を出て左に進んで「ヤマダ電気LABI」前の信号を渡り、「末広通り」に入って少し行くと右手のビル 1階にあります。

「末広通り」に入ってすぐが「めん家 福みみ堂」で次が「洞くつ家」と並び、さらに先に「真風」があるといった感じです。

武蔵野市吉祥寺南町2-6-2 松岡ビル 1F
●11:30- LO 13:30、18:00-(土日祝 11:30-)スープなどなくなり次第終了、火・水曜日休

「真風」はマジで「まじ」と読むみたい

「真風」を「まじ」と読ませるのは無理があると思っていましたが、ネットで調べたらちゃんと

南または南西の風。まぜ。まじの風。多く西日本でいう。

真風(マジ)とは – コトバンク

という情報がありました。マジで「まじ」だったのですね。失礼しました。

 

こちらが券売機。「鯛塩」「シロ(豚骨味)」「クロ(醤油味)」「味噌」「つけ麺」がありましたが、まずは「おすすめ No.1」の「鯛塩(850円)」をチョイス。

トッピングは「チャーシュー」「半熟味玉」「のり」「もやし」「メンマ」「バター」「コーン」「ほうれん草」と豊富。「半熟味玉」と「ほうれん草」を追加。

「平日ランチサービス」として「替玉ひと玉」「半ライス」が無料で頼めるようです。

「鯛塩」らーめんのスープはマイルドで味わい深い

7分ほどして「鯛塩」らーめんが登場。トッピングの「ほうれん草」が目立っています。

少し潮の香りがする気が…。

 

「家系」が続いたこともあり、スープはかなりマイルド。

「鯛」の風味は思ったほど感じませんが、味わい深い仕上がり。

 

麺は太めでやや縮れているのかな。程よい弾力でスープとに絡みも十分。

 

味玉もほうれん草も、なにもかもちょうどいい感じ。

 

スープを飲み干し、ごちそうさま!

行列ができることも多いのも納得。とっても、おいしかったです。

 

こちらの記事もいかがですか?

 

 

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場