吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

ペルー産のコーヒー豆「マチュピチュ(Machu Picchu)」を味わう(すずのすけの豆)

2017.07.01

7076 Views

行きつけの「すずのすけの豆」で、あの「マチュピチュ(Machu Picchu)」という有名な遺跡都市の名前が付いたペルー産のコーヒー豆を買いました。

スポンサーリンク

「マチュピチュ」でコーヒー豆が採れるの?

あの「マチュピチュ」でコーヒー豆が採れるイメージはありません。

標高 2,430m ですから「高地」どころの高さではありません。

 

マスターに尋ねると、もちろん「マチュピチュ」で採れるわけではなく「マチュピチュ」を臨む場所に農園があるのだとか。

本当?広く知られる名前だから採用しただけじゃないの?と思わずにはいられませんでした。

「マチュピチュ」にほど近いコーヒー農園

検索すると「マチュピチュ」にも小さなコーヒー農園はあるとのこと。

 

そして「マチュピチュ」と同じ「クスコ県」内の「キリャバンバ」に「有機JAS認定」を取得している組合はあるようです。

地図で見ると確かに「キリャバンバ」は県都「クスコ」よりも「マチュピチュ」に近く、30kmくらいしか離れていません。

いずれにしろ、あの「マチュピチュ」近くの、遠くペルーの地から届いたコーヒー豆、と考えるだけで感慨深いです。

「マチュピチュ」を感じることができるか?

早速、淹れてみましょう。豆のサイズは中くらいからやや小さめ。

香りに特筆すべき特徴は感じられませんが、とても落ち着く香りです。

 

もちろん蒸らすときにはしっかり膨らみます。

 

味は軽い苦味と酸味、それに続くほのかな甘み。という飲みやすい一杯です。

 

遠く「マチュピチュ」の風景を思い浮かべながら飲むのも一興です。

一度行ってみたいものですが、とりあえずコーヒーで我慢しましょう。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場