吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

吉祥寺「LIGHT UP COFFEE(ライトアップコーヒー)」で3度目のテイスティング!

2017.03.22

1885 Views

今年も春に恒例(?)となった吉祥寺「LIGHT UP COFFEE(ライトアップコーヒー)」での3回目のテイスティングに出かけました。

スポンサーリンク

生産国や製法は理解できるようになった

相変わらず洒落たお店です。

京都にもお店を出したそうです。

 

最初の年は生産国の場所さえ分からない状態でしたが、いまは地球儀のおかげで頭の中に入っています。

そして今年のテイスティングはこちらの 3銘柄。

  • エチオピア グジ(精製 ウォッシュド)
  • エチオピア コンガ ナチュラル
  • コスタリカ レオンシオ ブラックハニー

「グジ」は土居珈琲でも飲んだことがあります。

 

ちなみに去年のテイスティングは

  • エチオピア イルガチェフェ コンガ(精製 ウォッシュド)
  • コスタリカ レオンシオ ブラックハニー
  • エチオピア イルガチェフェ コンガ ナチュラル

だったので、趣向は今年とほぼ同じです。

 

すでに精製でウォッシュドとナチュラルの違いやハニー製法については何度か調べてきました。

なので、今年は頭の中での理解は一段と進んだ感じです。

いざ、3度目のテイスティング

しばらく待って、提供されたのがこちら。今回はフレンチプレスではなく、ドリッパーによる抽出とのこと。

 

いずれもはっきりと酸味が感じられますが、比べるとコスタリカが「ベリー系」というのははっきり分かります。

 

また、エチオピア グジ で「紅茶風味」という解説も分かる気がしました。なんとなくですけど。

 

一方、エチオピア コンガ で「ミルクキャラメルの甘さ」という表現はピンときません。甘味は感じるんですけど。

それでも「華やかな香り」というのは他の2つよりも感じられました。バラかどうかは分かりませんが、フローラルといわれればそんな気がします。

 

いずれにせよ、3つとも「苦味」はほとんどなく、飲んだ後には確かに「甘味」が残るのは共通しており「LIGHT UP COFFEE」の提供したいコーヒーとは何か、はハッキリと伝わってきます。

コーヒー豆を買ってみました

実はいままで「LIGHT UP COFFEE」で豆を買ったことがなかったので、今回は購入して家でじっくり味わってみることにしました。

 

以前よりも銘柄が増えているようです。

動物イラストのパッケージが洒落ていますが、生産国の動物なのかは不明。

 

そんな中、知らないうちに「飲み比べセット(2,000円)」があることに気が付きました。今回はこれで行きましょう!

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場