吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

コロンビア産のコーヒー豆「ラ・クルバ農園」はアンティオキア県から届いた希少豆(すずのすけの豆)

2018.04.17

686 Views

行きつけの「すずのすけの豆」でコロンビア産の希少豆が入荷とのことで、もちろん迷わず購入をして飲んでみました。

スポンサーリンク

今回の生産地域はコロンビア「アンティオキア県」

これでコロンビア産のコーヒー豆は 5銘柄目となります。

今回の「ラ・クルバ農園」は「アンティオキア県」にあるとのことで、もらった資料では以下の通り。

  • 商品名:ラ・クルバ(LA CURVA)
  • 生産国:コロンビア
  • 地 域:アンティオキア県ヒラルド村
  • 品 種:カトゥーラ
  • 精 製:ウォッシュド
  • 標 高:2110m
  • 生産者:ルーベン・サラス
  • 農園:ラ・クルバ農園

「アンティオキア県」はコロンビア北西部のアンデス地方の県で首都は「メデジン」。

北はカリブ海に接しており、人口は首都地域ボゴタに次いで 2位。

コロンビアもなかなか広い(面積は日本の約 3倍)です。

 

さらに資料によると「アンティオキア」は

8年前からコーヒー生産者の教育に力を入れはじめ、農園レベルではなく県レベルで品質向上を目指しました

とのことで 4年過ぎた頃から「アンティオキア・ベストカップ品評会」の入賞ロットがコロンビアの「COE(カップ・オブ・エクセレント)」でも入賞しはじめ、2014年にはベスト12位に 6個入賞し、1位も獲得したそうです。

「ヒラルド村」の「ラ・クルバ農園」

さらに「アンティオキア県 ヒラルド」で検索すると 3カ所候補(Giraldo)が見つかり、うち 2つが写真付きで近いので「このあたり」かも。

この近くにある「ラ・クルバ農園」が「アンティオキア・ベストカップ品評会」で 2013年から 2016年まで 4年連続で入賞した優秀な農園なのだとか。

 

その農園から年間出荷量 700kg の希少豆が今回、35kg 入荷したとのこと。

それを 200g 1,000円で売って大丈夫?と思ってしまいますが、ありがたく飲ませていただきます。

柔らかい酸味にほのかな甘みが楽しめる

早速、淹れてみましょう。豆のサイズは中くらい。ほのかに甘い香りが広がります。

 

中煎り~深煎りといった焙煎具合。

 

蒸らし時の膨らみは十分。そして香りも膨らみます。

 

肝心の味ですが苦味は少なくマイルドな一杯。柔らかい酸味にほのかな甘みが舌に残ります。

少し冷めても、おいしくいただけました。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場