吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

「一蘭(いちらん)吉祥寺店」の「味集中カウンター」で創業以来の「天然とんこつラーメン」をいただく

2019.07.26

452 Views

吉祥寺ランチ」のラーメン特集で「九州らーめん 祥」「一風堂」と続いたら、やはり「一蘭」にも行かないわけにはいかないでしょう。

スポンサーリンク

「サンロード」にある老舗の豚骨ラーメン屋

お店は「サンロード」の前半で「元町通り」と「ペニーレーン」に挟まれた左手のブロックにある雑居ビルの地下2階。向かいは「マツモトキヨシ」。

 

地下へ長めの階段を降りていきます。住所から「地下2階」と知りました。

武蔵野市吉祥寺本町1-9-8 アソルティ吉祥寺本町 B2F
●24時間営業

初めての人にはセット内容が分かりにくい

階段下の入口から入ってもといきなり客席ではないようです。

 

客席手前にスペースがあり、そこに券売機があります。後ろにもお客がいて、じっくり読んで理解する余裕はありません。

 

「No.1 MENU」という「ICHIRAN 5選」は税込1,490円とありますが、どんなセットか文字で書かれずに写真だけ。

 

とりあえず単品で「ラーメン(890円)」「追加ねぎ(120円)」「半熟塩ゆでたまご(130円)」を購入。結局、1,140円となりました。

 

オーダー用紙を渡されましたが、よく分からないので麺「かため」以外は「基本」にしました。

チャーシュー「あり」でも値段は一緒なのかな???

前と左右を仕切りで区切られたカウンター席

左右を仕切りで区切られたカウンター席に案内されました。食券を出したらすぐ「たまご」が登場。「辛子高菜」や「紅しょうが」はないようです。

 

水は自分で汲むのね。追加オーダーは現金で払うみたい。

 

正面に能書きが書いていましたが、文字多いし白い文字が読みにくいかも。

声に出さずに注文でき、仕切りで周りを気にせず食べられる「元祖」だそうです。

なるほど老舗の豚骨ラーメン屋という感じ

8分ほどしてラーメンと追加ねぎが登場。と同時に目の前にすだれ(?)が下ろされました。

 

なにはともあれ、ラーメンはおいしそうです。

 

スープは「一風堂」の「白丸元味」よりは濃い感じ。

でも、しつこくはなくすっと飲めます。

 

麺はお約束の細麺。スルッとすすれます。

 

ネギと玉子を載せてみました。いい感じです。

 

チャーシューは薄切りで柔らかく、普通に豚肉みたいな感じ。

 

途中で中央の赤い辛味のある「秘伝のたれ」を溶かしながら最後までいただきました。

 

結局、最後までスープを飲み干してしまいました。

なるほど老舗の豚骨ラーメン、って感じ。おいしかったです。

 

後でサイトを見たら「味集中カウンター」と呼ぶそうです。

確かに気が散ることはなかったです。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場