自家焙煎コーヒー、デジタル機器など、何事も体験すると面白い!

メキシコ産カップオブエクセレンス獲得のコーヒー豆「Huehuetepan 2017」を味わう(加藤珈琲)

2018.10.05

1955 Views

「加藤珈琲」で 5銘柄のコーヒー豆を大人買いしたところまでは紹介しましたが「ホンジュラス産」に続いて「メキシコ産」も感想を書きたいと思います。

スポンサーリンク

メキシコ産の入札情報を元にチェック

加藤珈琲のサイトに各コーヒー豆の入札情報が詳細に掲載されており、メキシコ産の情報は

Farm/CWS:Huehuetepan 2017
Farmaer/Representative:Maria Del Rosario Irais Valdivia Ortiz
City/Region:Cosautlan De Carvajal, Veracruz
Country:Mexico、Altitude:1300
Variety:Tipica、Processing System:Washed

Rank:21、Score:86.78

ー メキシコカップオブエクセレンス – 加藤珈琲店

となっています。

 

さらに解説文もありました。

メキシコの三大生産地の代表格で『ベラクルス州』で育まれた逸品

 

「べラクスル州」で検索すると Wikipedia でも Googleマップでもヒット!

 

そういえば以前に飲んだメキシコ産コーヒー豆「カサンドラ」も「ベラクルス州」。

さらに「メキシコの三大生産地」についても以前、調べましたね。

メキシコのコーヒー産地は、メキシコ湾の べラクルース州、太平洋側中南部のオアハカ州、グアテマラ国境沿いのチアパス州、大きくこの3つに分けることができます。

ー フクモト珈琲:メキシコ(オーロラ農園)

Googleマップで確認すると「ベラクルス州」の南西が「オアハカ州」、南東が「チアバス州」。やはりメキシコでもより赤道寄りですね。

ベラクルス州「Cosautlan De Carvajal」

さらに「City」情報の「Cosautlan De Carvajal」で検索すると Googleマップにありました。

カタカナで「コサウトラン・デ・カルバハル」となっていました。標高もありそうで、コーヒー豆も採れそうな場所です。

 

さらに「Huehuetepan 2017」で検索すると、メキシコの COE の結果が紹介されていました。

スコアは 86.78 ですが、全体では 21番目のランク。

 

詳細へのリンクがありましたが、あまり情報はありません。

葉っぱの写真だけでは…。

ティピカ種「Huehuetepan 2017」を味わう

調べるのはこのあたりで十分なので飲んでみましょう。

 

豆のサイズは標準的。焙煎はホンジュラスより浅めで焙煎ムラも少しあり。

 

蒸らし時の膨らみ。やはり購入後 3週間が経っているのでこんな感じ。

 

苦味はなく、ホンジュラスと比べて酸味は強く、好みは分かれるかも。

甘い香りはスペシャルティっぽいです。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

スポンサーリンク