吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

「日乃屋カレー 吉祥寺店」の懐かしい食感の甘辛ルーで「牛すじ煮込みカレー 七分盛」をいただく

2019.11.12

446 Views

今回は「日乃屋カレー」で「吉祥寺ランチ」。2017年に開店当初に晩ごはんで「カツカレー」を食べて以来、久しぶりにランチで利用してきました。

スポンサーリンク

「吉祥寺ロフト」1階で頑張っているカレー店

場所は吉祥寺駅の北エリアで「プチロード」「ペニーレーン」の交差したところにある「吉祥寺ロフト」の1階。向かいは「東京油組総本店」。

平日の昼や夜に店の前を通るとき、開店当初からお客さんが少な目で長続きするか心配していましたが、もう 3年近くなるのに頑張っています。

武蔵野市吉祥寺本町1-10-1 いなりやビル1階
●10:00-22:00

やはり初見では券売機の並びが分かりにくい

店に入ってすぐ右手に食券の券売機。パッと見では分かりにくいですが、どうやら 4~5段目の赤いメニューは 2~3段目と同じカレーで「七分盛り」のようです。

「七分盛り」にする人は少ないという前提で下の段にしたのでしょう。上段の「並盛・大盛」は盛りを選べて、大盛でも同じ値段のようです。

 

メニューがテーブルの前に貼ってありました。写真がほぼ同じ色(茶系)。

 

今回は「牛すじ煮込みカレー」をオーダー。いつも自宅ではごはん 200g も食べないので「七分盛 210g」でいいでしょう。

それだけで 100円安いので、その分「ポテトサラダ(150円)」も追加。

最初に甘味を感じて、あとからじんわり辛さも

まずは「ポテトサラダ」。白いのはドレッシングとポテトの色。

 

そして 3分後に「牛すじに混みカレー 七分盛り」が登場。

こう見ると「並盛」がよかったかなとも感じますが、実際に食べてみるとオジサンにはこの量で十分でした。

 

ルーは軽めのとろみで、最初に甘味を感じ、あとから辛さが追いかけてきます。それほど辛くはありません。

 

「牛すじ煮込み」はしっかり煮込まれていて柔らかくておいしい。

 

少し単調になりがちな味を「自家製玉ねぎの甘酢漬け」と「天かす&フライドガーリック」でカバー。

特に「自家製玉ねぎの甘酢漬け」はいけてます。

ということで手軽に美味しくいただけました。「七分盛」なら値段もリーズナブルでランチでも使い勝手がいいです。ごちそうさま。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場