吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

「日高屋 吉祥寺本町通店」でお約束の「野菜たっぷりタンメン」を餃子セットでいただく

2019.09.29

608 Views

吉祥寺ランチ」のラーメン特集もラストスパートですが「紅虎軒」「バーミヤン」と続けば、もう「日高屋」にも行くっきゃないでしょう。

スポンサーリンク

今回、利用したのは「日高屋 吉祥寺本町通店」

お店は「吉祥寺駅」北口から「サンロード」へ進み、途中の信号がある横断歩道を越えてすぐ右手にあり、目立つ看板で分かりやすいです。

 

1階は「ABCマート」。お店は階段を降りて地下 1階にあります。

吉祥寺に「日高屋」は2店舗あり、もう一軒の「南口店」は以前、利用したことがあるので、今回は初めての「本町通店」にしました。

武蔵野市吉祥寺本町1-13-3 竹本ビル B1F
●10:30-26:00

看板の「中華そば 390円」も訴求力あり

看板の「中華そば 390円」でもよかったのですが、個人的には以前から「野菜たっぷりタンメン」が好きなので…。

坦々麺や汁なしラーメン(油そば)もあるのですね。

 

せっかくなので 20円引きとなる餃子セットにしました。

さすが日高屋、なかなかのコスパです。

 

しかし、そもそも「タンメン」って「ラーメン」とどう違うのでしょう?検索した限りでは「中華そば」の一種のようです。

いためた肉や野菜の具をのせた塩味の中華そば。また、汁めんの総称。

湯麺(タンメン)とは – コトバンク

漢字で「湯麵」ということは、基本的にはスープ麺ということなのでしょう。

それでもやっぱり「野菜たっぷりタンメン」

4分ほどで「野菜たっぷりタンメン」が登場!さすが早い。

 

お約束通りに「野菜たっぷり」。結局、日高屋ではこれを選んじゃうんですよね。

 

スープは塩味、結構、塩分多めな感じ。

 

麺は中太で少し縮れて平たい感じ。プリッとした食感で普通においしい。

 

1分遅れで餃子が到着。

 

焼き具合もほどよく、餡もしっかり。

 

さすがにスープは少し残しました。

でもまあ、これで税込 730円はさすが「日高屋」です。ごちそうさま。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場