吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

アジアのカレー食堂「吉祥寺 ハバカーる。」の平日ランチでコクうま「きのことふわたまcurry」を堪能

2019.10.31

460 Views

「中道通り」にオープン日が延びていたアジアのカレー食堂「ハバカーる。」がいつのまにかオープンしていたので入ってみました。

スポンサーリンク

「アジアのカレー食堂」のイメージにピッタリ

お店は「中道通り」で吉祥寺に向かう左手にある古びた感じの建物ですが「アジアのカレー食堂」というイメージにはピッタリかも。

以前は中華の「小龍」があった場所です。

武蔵野市吉祥寺本町2丁目18-2
●11:00-21:00(日 11:00-15:00)、月曜休

客室は 2階をメインにやっていくみたい

扉を開けると 1階には座れそうなスペースがあまりなく、大丈夫かなと思ったら 2階に案内されました。

なんだか、すごく雑多な感じですが、それがまたアジアンな雰囲気でよいかも。

国分寺で十年やって引っ越してきたようです。

そんな国分寺で出会ったアーティストの卵たちの作品や写真、土産物などが壁や机の上に所狭しと展示されています。

平日ランチはかなり頑張った値段設定

「お得 平日ランチ!」は手書きメニュー。個性あり過ぎ。

サイドは「ミニミニサラダ」をチョイス。

 

ライスは大盛りまで同じ値段とのこと。辛さも選べます。

とりあえず普盛(200g)で3カラ(辛口)で。

カレーは具だくさんで見るからにおいしそう

まず「ミニミニサラダ」が到着。名前の通りですがカレーのサイドとしてはOK。

 

サラダを半分食べた頃にカレーも登場。具だくさんでおいしそう!

 

「きのことふわたま curry」ですが、豚肉や白菜、青菜もしっかり入っていて、とても好感が持てました。

カレースープも好みの味でライスともピッタリ

スープはなるほどアジアンカレーという表現がピッタリ。「3カラ」は私にはほどよい辛さ。いい感じのコクがあります。

ココナッツミルクはもちろん、いろんなスパイスが効いてます。

 

麦めし系のライスもカレーにピッタリ。こちらも気に入りました。

 

ほかにないカレーで具だくさん、値ごろ感もあってちゃんとおいしいので、固定客もできそう。

いやいや、おいしかったです。晩にでも、また来たいです。ごちそうさまでした。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場