吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

「餃子酒場 吉祥寺店」の「本日のランチ」で具沢山の「自慢土鍋餃子」とレタスチャーハンをいただく

2018.10.12

566 Views

「うどん」が一区切り付き、次は「そば」?と徘徊していたら新しいお店「餃子酒場」のランチ看板が目に入ったのでフラッと「吉祥寺ランチ」してきました。

スポンサーリンク

餃子専門店というより中華料理系の飲み屋

お店は吉祥寺駅南口を出て右に「パークロード」を進み、左手のビル「吉祥寺PIATTO」の地下1階にあります。

以前は「銀座ライオン LEO」があった場所。同ビル 3階は「ゴッチーズビーフ」。

階段を降りると入口があり、バナーの料理写真を見ると餃子だけでなく中華料理一般を出しているようです。

武蔵野市吉祥寺南町1-5-3 B1F
●11:00~翌11:00:24時間年中無休

「本日のランチ」は「本格麻婆豆腐」が500円

店内は普通の居酒屋といった感じ。奥には個室や座敷もあるようですが、とりあえず入ってすぐのテーブルに案内されました。

 

あらためて「本日のランチ」をチェックすると「本格麻婆豆腐」が 500円で、ご飯(お替り無料)、サラダ、漬物、スープ付きならリーズナブルかも。

でも、せっかくなら「餃子」を食べたいので「自慢土鍋餃子+レタスチャーハン(950円)」をチョイス。

一般メニューを見ると確かに餃子メニューはチーズ焼き、黒酢焼き、マービー焼きなど種類が豊富。

 

でも「前菜」「肉料理」「揚げ物」など餃子以外もちゃんとあります。

中華系居酒屋としては十分ですね。

「自慢土鍋餃子」は水餃子で 6個入り

最初にレタスチャーハンが登場。「自慢土鍋餃子」はもう少し待てとのこと。

サラダ、漬物、フルーツは本当に「おまけ」レベル。

 

チャーハンにパラパラ感はありませんが、ふつうに美味しいです。

 

3分ほどして「自慢土鍋餃子」も登場。これで 950円ならいいかも。

 

というか、水餃子だったんですね。勝手に「鉄鍋」をイメージしていましたが、そういえば「土鍋」ですものね。

 

期待以上に具だくさんだし、水餃子も 6個入って充実。

 

その水餃子も、なかなかいけます!

 

隣のテーブルで「焼き餃子盛り合わせ」が到着して、焼餃子、チーズ、エビが各 4個の計 12個で、なかなか食べごたえありそうでした。

2人で頼むならいいかもしれません。あるいは 500円の「本格麻婆豆腐」ランチに 380円の「焼き餃子(5個)」を付けるのもありですね。

いずれにせよ「自慢土鍋餃子」は期待以上で満足しました。ごちそうさま。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場