吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

「インドネシア グヌンブラウ」はジャワ島のイジェン高地で採れたコーヒー豆(UCCカフェメルカード)

2019.04.20

871 Views

自宅のコーヒー豆が底をついたので吉祥寺の「UCCカフェメルカード」で「インドネシア グヌンブラウ」を購入しました。

スポンサーリンク

インドネシア産でも「ジャワ島」の豆ははじめて

すでにインドネシアのコーヒー豆は 8銘柄いただいていますが、スマトラ島が 5種、スラウェシ島、フローレス島、バリ島が各 1種です。

ということで「ジャワ島」は意外とはじめてです。

 

「ジャワ島」は「スマトラ島」の東、「カリマンタン島」の南、「バリ島」の西に位置します。

人口は約1億2400万人で、インドネシア一のみならず、世界第一位の人口を有する島とのこと。

「グヌンブラウ」は「青い山」の意味とのこと

「インドネシア グヌンブラウ」で検索すると UCC の情報がありました。

グヌンブラウは「青い山」の意味で、その青みががった独特の土壌に由来します。 グヌンブラウは国営のブラワン農園の中にある、特別区画のロットです。

インドネシアでのコーヒー栽培の歴史は古く、1696年にインドから伝わりました。 この農園では、ジャワ島にコーヒーが伝わった当時の「ティピカ種」を守り続けて栽培しています。

インドネシア グヌンブラウ 100g|コーヒー 通販 ほの珈琲 | UCC公式通販

 

エリアは「ジャワ島 イジェン」となっており、Googleマップで確認すると「イジェン山(Gunung Ijen)」が見つかりました。

 

とすれば銘柄は「ブラウイジェン」でもいいはずですが、そこはそれ「ブルーマウンテン」にあやかって「グヌンブラウ(青い山)」と名付けられたとする記事もありました。

なにはともあれ、飲んでみましょう。

深煎りだけど苦すぎずコクのある一杯

100g 756円は「UCCカフェメルカード」としては平均的な値段です。

 

そこそこ深めの焙煎で豆のサイズは標準的。

 

蒸らしの膨らみはあまりありませんが「UCCカフェメルカード」らしいです。

 

確かに苦味はありますが、同時にしっかりとコクも感じられてコーヒーらしい味。

飲んだあとの甘みも感じられて、なかなかおいしくいただけました。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場