吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

エチオピア産のコーヒー豆「ゲレザ農園 ゲイシャ」をいただく(すずのすけの豆)

2018.09.18

1328 Views

すずのすけの豆」でエチオピア産のゲイシャ種が緊急入荷した、とのことなので早速、いただくことにしました。

スポンサーリンク

「ゲイシャ種」発祥の地はエチオピアの「ゲシャ」

これでゲイシャ種も 4銘柄目になります。

ゲイシャ種はどうしても「パナマ産」のイメージが強いのですが、これだけ知名度が上がれば、各国が生産するのは自然な流れでしょう。

 

特に今回のゲイシャ種は「発祥の地」と言われるエチオピア産なので、どんな味と香りがするのか楽しみです。

多くの品種がティピカを租とするのに対し、ゲイシャ(Geisha)は起源を異にする。1931年にエチオピアで発見され、1960年に中米に伝わった。2004年にパナマ・エスメラルダ農園のゲイシャ種が史上最高値で落札され、一躍注目を浴びた。

- 珈琲 完全バイブル(p.100)

 

発祥の地と言われる「ゲシャ(Gesha)」は Googleマップの検索ではここのようですが、正しい確証はありません。

でも、なんだかエチオピアでも奥地っぽく、それらしいです。

シダモ県グジ地区にある「ゲレザ農園」

お店で頂いた資料によると生産地域は「エチオピア南部シダモ県グジ地区」。

グジ地区といえばエチオピアでは有名なコーヒーの産地です。

 

Googleマップの検索ではここですが、これまた正しい確証はありません。

ちなみに「グジ」産は以前も飲んだことがあります。

同じ「シダモ県」には有名な「イルガチェフ」もあります。

 

いずれにせよグジ地区の「ゲレザ農園」がナチュラルで精製したのが今回の「ゲレザ農園 ゲイシャ」なのです。

 

ちなみに「ゲレザ」は「アビシニアコロブス(Abyssinian colobus)」という猿の別名(Colobus guereza) とのこと。

コーヒーの銘柄名ならいざしらず、農園名を動物名にするのは斬新かも。

やはり香りの華やかさは独特

封を切ったとき、なるほど香りは華やかです。ただ、最初にゲイシャを嗅いだときのようなインパクトはなく、慣れもあるかもしれません。

 

サイズは少し小ぶり。細長いのもあればピーベリーもあり、結構、ばらつきあり。

 

お約束の蒸らしの膨らみは十分。ここでの香りも華やいだ感じ。

 

そして味ですが、ほどよい酸味のあと甘味が広がり、なかなかおいしいです。

とはいえ、飛び抜けた感はなく、ひとつの銘柄として楽しめばよいかと。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場