吉祥寺ランチ、自家焙煎コーヒー、デジタル機器などなど、何事も体験すると面白い!

吉祥寺パルコのアップルパイ専門店「グラニースミス」で「イングランド カスタード」をテイクアウト

2018.05.31

1085 Views

アップルパイ専門店「GRANNY SMITH APPLE PIE & COFFEE 吉祥寺店」がオープンしたので、早速、おみやげに買ってみました。

「アメリカのおばあちゃん」を想わせるロゴで米国チェーンかと思いきや、2012年に日本の世田谷で始まったお店のようです。

「グラニースミス」は最もアップルパイに使われているリンゴの品種で「グラニー」には「おばあちゃん」の意味もあるとのこと。なるほど。

スポンサーリンク

パルコ1階で以前はゴディバのあった場所

お店は「吉祥寺パルコ」の1階ですが、館内ではなく隣接した建物で以前は「ゴディバ」のあった場所です。

イートインのスペースはなく、テイクアウトのみです。

武蔵野市吉祥寺本町1丁目5 吉祥寺パルコ 1F
●10:00-21:00

「エッグタルト」アップルパイは吉祥寺限定

メニューを見ると、アップルパイの種類は「レギュラー」が 5種で 1種が「吉祥寺限定」、そして冷やしておいしいという「シーズナル(季節限定)」が 3種。

持ち帰りメニューとしてコーヒー、紅茶もあります。

 

19:30 頃に 5人ほどの行列を待って店内に入りましたが、「ダッチグランブル」と吉祥寺限定の「エッグタルト」は売り切れ。

 

とりあえずシンプルそうな「イングランド カスタード」をチョイス。

母さんと食べるので 2個買って 864円。

テイクアウトの袋も箱も素朴なデザイン

家に持ち帰ったテイクアウトの袋は素朴なデザイン。

 

要冷蔵ですが消費期限が 2日間あるのはケーキより融通が利きます。

 

箱を開けるとこんな感じ。保冷剤を入れてたのでヒンヤリ。

「イングランド カスタード」はさすがのカスタード

リンゴとカスタートクリームがしっかり詰まっています。

 

リンゴは程よいサイズでシャキッと食べ応えがあり。カスタードクリームも甘すぎず、しっとりとしたパイ生地と一緒においしくいただきました。母さんも気に入ったようです。

吉祥寺限定の「エッグタルト」も食べてみたくなりました。

 

おいしかったですが、テイクアウトだけだと利用者が限定されるので今後のメニュー展開に注目。なにはともあれ、ごちそうさま。

 

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事

コメント

fp32   follow us in feedly

当ブログの WordPress 運営サーバー

楽天市場